PwCルクセンブルクが仮想通貨決済受入へ、コインチェックがマクロミルポイントの仮想通貨交換開始、あたらしい経済とNODEEが提携し「#CONNECT」開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

PwC Luxembourgが10月1日より、仮想通貨決済の受け入れを発表

・PwC Luxembourg(ルクセンブルク)が10月1日より、クライアントからのビットコイン支払いを受け入れることを明らかにした

・受け入れの目的は、クライアントのニーズに応えることとルクセンブルクのブロックチェーン・仮想通貨のエコシステムの発展に貢献していくこととのこと

・PwC LuxembourgのBlockchain & Crypto-assets Leaderは「我々の役割は、日々の活動を世の中に共有して、クリプト業界を引っ張っていくリーダであることだと考えています。確かに、わたしたちはパブリックキー/プライベートキーが基盤となるクリプトエコシステムは管理体制の複雑さとカストディのリスクがあり、AML / KYC強化デューデリジェンスの課題を適切に評価することは難しい。さらに、分散型エコシステムを正しく理解することも難しいです。そのためにも、PwC Luxembourgの分析や知見を日々明らかにしていかなければなりません。」とコメントしている

コインチェックがマクロミルポイントを仮想通貨に交換できるサービスを開始予定

・コインチェックが9月10日から、マクロミルがアンケート回答者に配る「マクロミルポイント」を仮想通貨に交換するサービスを始めることが日経新聞の報道で明らかになった

・対応仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、リップル。コインチェックの口座を通じて、マクロミルポイントから仮想通貨へ交換することができるようになる

・ポイント関連では、bitFlyerがTポイントをビットコインに交換できる「Tポイントプログラム」サービスを開始。そして、電子マネーでは、DeCurretが「電子マネーチャージ」サービスを8月に新たに導入している

博報堂がdAppsゲームの新規事業開発を行うプロジェクト「PlayAsset」を組成

・株式会社博報堂DYメディアパートナーズが、dAppsゲーム領域において新規事業開発を行うプロジェクト「PlayAsset」を組成したことを発表

・「PlayAsset」は、東京理科大学発のスタートアップの株式会社Shinonomeを技術パートナーとして協業をする

・また同プロジェクトは、ブロックチェーン業界の有識者などと連携しながら、dAppsゲームの成長を妨げている現状の課題を解決するための新規プロダクト開発を行っていくとのこと

・具体的には、現在仮想通貨(暗号資産)でしか課金できないdAppsゲームに対して、法定通貨での課金を可能にする決済システムの構築や、dApps開発のための基盤機能の整備・開発、および機能のAPI化による開発の簡略化を目指すとのこと

・今後については、2019年内を各種プロダクトの開発及びテストマーケティング期間と設定し、実際に複数のプロダクトを市場に投入して実証実験を行いながら、実用性や事業性の検証を進め、将来的にはゲームだけにとどまらないdAppsビジネスの可能性を模索し、新規事業の立ち上げを目指すとのこと

野村HDとNRIがSTO取引プラットフォームの開発と提供を行う合弁会社を設立

・野村ホールディングス株式会社と株式会社野村総合研究所が、ブロックチェーン技術を活用した有価証券等の権利を交換する基盤の開発・提供を行う合弁会社「株式会社BOOSTRY」を9月2日に設立したことを発表

・株式会社BOOSTRYは、野村HDとNRIの両社から、ファイナンス、法律、ブロックチェーン技術、ITソリューションなどの知見を持つ人材を集め、事業法人等が有価証券やその他の権利を発行・流通するための新たな基盤を構築する事業に取組むとのこと

・野村HDとNRIの両社は、合弁会社設立に関して6月に基本合意書を締結しており、出資比率は野村HD66%、NRIが34%と改めて発表があった

幻冬舎「あたらしい経済」とCoinPost「NODEE」が提携し、ビジネスパーソン向けに様々な産業とブロックチェーン業界を繋ぎ、テクノロジーの未来を学べる共同イベントシリーズ「#CONNECT」を開始

詳細はこちら

共同イベント「#CONNECT(コネクト)」のお申し込みはこちら

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースの総収益や顧客数が上場報告書により明らかに、デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債発行、カナダでイーサリアムETF申請などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

コインベースが上場報告書をSECへ提出、総収益約1,210億円、顧客数4,300万人など実体が明らかに、デジタルガレージと大和証券が2種類のデジタル社債を発行、世界初の事例となるか、カナダでイーサリアムETF(上場投資信託)の目論見書が提出、bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のDX推進に独自のブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」を提供、techtecら9社が分散型金融(DeFi)の推進に向けJapan DeFi Alliance(JDA)を設立、同性パートナーのためにブロックチェーンを活用した「パートナーシップ証明書」を発行へ、一般社団法人Famieeが発表

techtecら9社が分散型金融(DeFi)の推進に向けJapan DeFi Alliance(JDA)を設立

日本におけるDeFiの普及を目的とした業界団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」が2月26日設立された。 JDAは株式会社techtecの代表取締役CEOである田上智裕氏を発起人とし、techtecをはじめMaker Foundation、Kyber Network、株式会社HashHub、Fintertech株式会社、Stake Technologies株式会社、ソラミツ株式会社、FRAME00株式会社、Fracton Ventures株式会社の9社が設立をした団体である

bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のDX推進に独自のブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」を提供

株式会社bitFlyer Blockchain(ビットフライヤーブロックチェーン)が生協のデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指す「DX-CO・OPプロジェクト」の推進に向け、ブロックチェーンIDソリューション「bPassport(ビーパスポート)」の提供を開始したことを2月25日発表した。「DX-CO・OPプロジェクト」は日本生活協同組合連合会、コープ東北サンネット事業連合、コープデリ連合会、東海コープ事業連合が 4 者共同で推進しているプロジェクトだ

マイクロストラテジーが19,452BTC追加取得、ディーカレットがマイニングマシン販売と運用サービス開始、オプティミズムがa16zらから約26億円資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米マイクロストラテジーが約1,090億円で19,452BTCを追加取得、DeCurret(ディーカレット)が国内初のビットコイン・マイニングマシンの販売・運用サービス開始、【取材】HashHubレンディングがETHとDAIの貸借料率(年間利率)を最大14%に引き上げ(平野淳也氏コメント)、【取材】ハッシュポートがフレセッツの全株取得(吉田世博氏/柚木庸輔氏コメント)、イーサリアムのLayer2技術開発のオプティミズムがa16zらから約26億円の資金調達、ヨーロッパ最大の暗号資産アセマネ企業コインシェアーズが3月にスウェーデンでIPO、JPモルガンが宇宙空間でブロックチェーンを用いた決済実験を実施、カナダのVersaBank(ヴァーサバンク)が銀行預金を1対1ペッグさせるデジタル通貨「VCAD」の発行を計画、DEX機能実装などブレイブ(Brave)が新たなロードマップを発表、DeFiへのアクセス拡大を目指す、GMOコインがテゾス(XTZ)のステーキングサービスとFXサービスでの取り扱い開始を発表、ビットコインやイーサを楽天キャッシュにチャージ、加盟店で買い物利用が実現、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「勘定奉行シリーズ」と連携開始