「あたらしい経済」とCoinPost「NODEE」が提携し、ビジネスパーソン向けに様々な産業とブロックチェーン業界を繋ぎ、テクノロジーの未来を学べる共同イベントシリーズ「#CONNECT」を開始

「あたらしい経済」と「NODEE(CoinPost)」が提携

「あたらしい経済」は株式会社CoinPostが運営するブロックチェーン/仮想通貨専門コラムメディア「NODEE」 が業務提携し、共同イベント「#CONNECT(コネクト)」をシリーズ開催していきます。

「#CONNECT」は国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)業界のキーパーソンがコラボレーションし、共にテクノロジーの未来について議論するイベントです。

日本のブロックチェーン/仮想通貨業界をメディアという立場で牽引してきた2メディアが今回タッグを組んで、それらの最新技術を一般のビジネス領域に文字通り「CONNECT(繋ぐ)」することを目的として、今回の業務提携とイベント共催が実現いたしました。このイベントをきっかけにブロックチェーン業界と他業界が繋がる場を創出していきたいと思っています。

また本提携の第1弾として、『【メディア記者向け】仮想通貨・ブロックチェーン ニュースの読み解き方〜Web3.0時代の金融・ビジネス記者に求められる知識と業界の裏側〜』を2019年9月30日に開始することを決定いたしました。

本イベントでは専門メディアの記者たちが一般のメディア関係者やブロガーの方々を対象にブロックチェーンについて学べ、さらにブロックチェーン業界の取材等に役立てていただけるノウハウを提供します。また、本イベントにて今回の2社の業務提携と「#CONNECT」開催への背景もご紹介させて頂きます。

さらに10月よりブロックチェーン業界と様々な業界を繋ぐイベント「#CONNECT」は定期開催を予定しております。このイベントではブロックチェーン/仮想通貨業界の方はもとより、ブロックチェーンに関心のある企業内イノベーターや新規事業担当者をはじめ、まだまだこれからブロックチェーンを学ぼうを考えている多くのビジネスパーソンの方々に、学びと出会いの場を提供していきたいと思っています(10月以降のイベント情報詳細は「あたらしい経済」、「CoinPost」および「NODEE」でお知らせいたします)。

#CONNECT 第1回 開催概要

【メディア記者向け】仮想通貨・ブロックチェーン ニュースの読み解き方〜Web3.0時代の金融・ビジネス記者に求められる知識と業界の裏側〜(#CONNECT 第1回)

ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)専門メディアの記者たちが一般のメディア関係者やブロガーの方々を対象にブロックチェーンについて学べ、さらにブロックチェーン業界の取材等に役立てていただけるノウハウを提供します。またこのイベント内容はメディア記者向けですが、ブロックチェーンについて発信したい個人の方や内容に興味のある一般の方もご参加いただけます。

◯出演者

・設楽悠介(あたらしい経済 編集長)
・各務貴仁 (CoinPost/ NODEE 編集長)
・竹田匡宏(あたらしい経済 ジャーナリスト)

◯当日タイムスケジュール

18:30 受付開始
19:00 ごあいさつ 「2社による発表」
19:10 基礎からのブロックチェーン・仮想通貨  (設楽悠介)
19:50 休憩
19:55 ブロックチェーン仮想通貨最新ニュースの読み解き方 (各務貴仁)
20:30 トークセッション/Q&A「メディアだからわかる業界裏話」(設楽悠介、竹田匡宏、各務貴仁)
20:50 これから開催されるブロックチェーンイベントピッチ(予定) 
21:00 懇親会
21:30 終了

※内容は変更の可能性があります

◯開催日時/場所

日付:2019年9月30日(月)19:00~21:30(18:30受付開始)
場所: Speee Lounge
住所:東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階
・東京メトロ日比谷線、都営大江戸線六本木駅、4a、6番出口から徒歩7分
・東京メトロ南北線六本木一丁目駅、1番出口から徒歩7分

(当日会場ビルに着かれましたら、そのままエレベーターで4Fまでお越しください。4F受付にて、Peatixの「QRコード」か「お名前」を確認させていただきますのでご準備ください。またその際に名刺を1枚ご提出いただきます)

◯参加費

メディア関係者 無料
一般 3000円

◯お申し込み

以下からお申し込みください(Peatixページ)
https://connect-001.peatix.com

◯主催
あたらしい経済(幻冬舎)NODEE (CoinPost)
会場協力:株式会社Speee 

#CONNECT最新情報について

こちらで最新情報を更新していきますのでぜひご確認ください。
https://www.facebook.com/connect.nn/

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored