ルームネットワークがFacebook「Libra」を学べる学習ゲーム、Bakktのカストディーサービス9月6日開始、モーニングスターがXRPを株主優待などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Loom NetworkがFacebookの「Libra(リブラ)」のプログラムを学べる教育ゲームをリリース予定

・Loom Network(ルームネットワーク)がFacebookらが構想中の「Libra(リブラ)」やそのプログラム言語であるMoveが学べる教育ゲーム「Crypto Zombies Libra tutorial」をリリースすると発表。なおこのゲームは完全に無料でオープンソースで提供される

・「Crypto Zombies Libra tutorial」をリリース目的としては「Libraブロックチェーンは世界で大きなインパクトを持ち、Libra開発者であることはプログラマーにとって市場で大きな優位性を提供するだろう。私たちはこのコースできるだけ多くの開発者を教育し、刺激を与えたい」と公式Mediumで記載されている

・Loom Network はイーサリアムのスマートコントラクトのプログラム言語であるSolidityを学べる「CryptoZombies」というゲームをリリースしており、同ゲームはブロックチェーンプログラム学習の入門として国内外で41万人以上に利用されている

Bakktのカストディーサービスが9月6日より開始

・Bakktがビットコイン(BTC)のカストディサービスが9月6日に正式に開始すると、公式ツイッターで発表

・この発表はBakktが9月23日より始めるビットコイン先物取引(Bakkt Bitcoin Daily&Monthly Futures)に備えるかたちとなる

仮想通貨取引所GMOコインへGMOあおぞらネット銀行から24時間365日リアルタイムに振込みが可能に

・GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社が8月28日より、GMOあおぞらネット銀行株式会社と銀行APIを通じて連携した振込入金サービスの提供を開始

・これによりユーザーはGMOあおぞらネット銀行の口座からGMOコインの口座へ24時間365日リアルタイムに振込み内容が反映されるようになる

・またその発表では今後もGMOコイン、GMOあおぞらネット銀行の両社は連携し、ユーザーの利便性向上を目指してサービスを拡充していくとコメントされている

イード、Tokyo Otaku Mode、bitFlyer Blockchain、オタクコイン協会がブロックチェーンを活用した翻訳プラットフォーム「Tokyo Honyaku Quest」のパイロット版をローンチ

・株式会社イード、Tokyo Otaku Mode Inc.、株式会社 bitFlyer Blockchain、一般社団法人オタクコイン協会が、共同でブロックチェーンを活用した翻訳プラットフォーム「Tokyo Honyaku Quest」のパイロット版をローンチしとことを発表

・「Tokyo Honyaku Quest」のパイロット版は、1,200名を超える応募者の中から選抜された翻訳者が、アニメニュースサイト「アニメ!アニメ!」のニュース記事の翻訳や校正を行い、翻訳が完了した記事は、同時にローンチされた「アニメ!アニメ!」の英語版である「Anime Anime Global」にて配信されるとのこと

・また翻訳された記事は正式版として、翻訳者のIDや翻訳・校正の履歴と共にブロックチェーン上に記録されるとのこと

・今回、実証実験として(1)ファンコミュニティ内で消費されるトークンを報酬として依頼される翻訳において、翻訳の質やスピードの担保ができるかどうか(2)ブロックチェーンの活用がファンのコミュニティ強化・拡大に寄与するかどうか(3)本取組が著作者やコンテンツオーナーへの適切な収益還元に繋げられるかどうかを検証するとのこと

モーニングスターがXRPを中間期の株主優待として贈呈

・SBIホールディングスのグループ会社であるモーニングスター株式会社が、仮想通貨(暗号資産)XRP を中間期の株主優待として贈呈することを決定したと発表

・2019年9月30日現在で、株主名簿に記載または記録されている100株以上を保有する株主を対象として、30XRPが贈呈されるとのこと

・XRPの贈呈は、同社が運営する仮想通貨アプリ「My 仮想通貨」のダウンロードのうえ、SBI VC トレード株式会社に口座の開設することで、同社名義で振り込みがされるとのこと

・プレスリリースによると、今回の株主優待は「My 仮想通貨」アプリによる情報と、仮想通貨 XRP に触れる機会を提供したく実施したとのこと

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した