アプトスが「Delegated Staking」提供開始、11APTからステーキング可能に

Aptosが委任型のステーキング機能提供開始

新興レイヤー1ブロックチェーンAptos(アプトス)が、委任型のステーキング機能「デリゲーティッド・ステーキング(Delegated Staking)」の提供開始を4月20日発表した。

「デリゲーティッド・ステーキング」を利用するユーザーは、自身のステーキングパワーを信頼できるバリデータノードに委ねることで、ユーザー自身がバリデータになることなくステーキング報酬が獲得できるとのこと。

なおバリデータとは、プルーフオブステーク(PoS)のブロックチェーンにおいて記録されるデータに不正がないかを検証するノードのことである。バリデータの運用をするには一定のコスト(金額や設備・運用管理など)が必要となるが、ネットワークに貢献することで一定額の報酬を得ることが可能だ。

ユーザーが「デリゲーティッド・ステーキング」を利用するには、アプトスパートナーが作成したステーキングインターフェイスを介してステーキングするか、「アプトスエクスプローラー(Aptos Explorer)」でAPTを直接ステーキングするかを選択できるとのことだ。

また同機能の導入により、アプトスでの最小ステーキング数量が引き下がったとのこと。ユーザーがステーキングに参加する為に必要となるアプトスのネイティブトークンAPTは、11APT(約1万4千円)になったという。

またアプトスは、最小ステーキング数量が11APTに引き下がったことについて「ステーキング参加者が増えることで、より大きな分散化が促進されると共にネットワーク全体の安定性を高められる」と発表にて説明している。

なお「デリゲーティッド・ステーキング」は、web3開発ツール提供のビーウェアラボ(Bware Labs)が開発したとのことだ。

アプトス(Aptos)とは

アプトスは昨年10月にメインネットローンチしたL1ブロックチェーン。メタ(旧フェイスブック)のデジタル資産事業ディエム(Diem)の開発チームに所属していたモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が共同創業したアプトスラボ(Aptoslabs)が開発を主導している。

なお「アプトスネットワーク」の開発言語はディエムが開発した「Move(ムーヴ)」が採用されている。

またアプトスによる直近の動きとしては今年2月に、インド版TikTokとも呼ばれるインド発のショート動画投稿web3ソーシャルメディア「Chingari(チンガリ)」が、アプトスネットワークへのマルチチェーン展開予定を発表。

他にもアプトスラボが同月に、ゲーム開発プラットフォーム「Unity」で利用可能なツールやアセットをダウンロードできる「Unityアセットストア」にて、ゲームソフトウェア開発ツール「アプトスSDK(Aptos SDK)」を公開している。

関連ニュース

参考:Aptos
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も