ハッシュポート、シリーズCで総額12億円超を調達。前澤友作氏ら出資参加

ハッシュポートがシリーズCで総額12億円超を調達

HashPort(ハッシュポート)が、シリーズCラウンドにて総額約12億円の資金調達を完了したことを4月18日発表した。

ハッシュポートは今年1月、シリーズCラウンドの1stクローズにて約9億円を調達。三井住友銀行および東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)が運営するファンド「UTEC4号投資事業有限責任組合」を引受先とした第三者割当増資を実施していた。

今回報告された2ndクローズでは、新たに実業家の前澤友作氏や「静岡キャピタル9号投資事業有限責任組合(静岡キャピタル運営)」、「MSスタートアップ支援投資事業有限責任組合(ベンチャーラボインベストメント運営)」、「TSVF1投資事業有限責任組合(東急不動産ホールディングス出資のCVCファンド)」が出資参加したとのことで、これにてシリーズCラウンドの引受先は計6社になったとのことだ。

そしてこれによりハッシュポートは、株式による累計調達額が20億円超になったことも報告している。

なおシリーズCにて調達した資金は「エンタープライズ向けコンサルティング事業強化」、「IP×NFT事業強化」、「グループ全体での内部管理体制強化」への投資に利用する予定とのことだ。

HashPortグループは2018年からブロックチェーン技術の研究開発に取り組んでいる企業だ。ブロックチェーン関連コンサルティング・システムソリューション事業を執り行うHashPortの傘下には、主にNFT関連事業を行うHashPalette(ハッシュパレット)と金融インフラ事業を行うHashBank(ハッシュバンク)がある。

HashPaletteはパレットチェーンおよびパレットトークン(PLT)の開発・発行元だ。PLTは2021年7月に「Coincheck IEO」を利用して国内で初めてIEO(Initial Exchange Offering)を経てコインチェックに上場した。またHashBankは、HashPortが昨年4月に会社分割により設立している。

関連ニュース

参考:ハッシュポート
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored