Apple Cardは仮想通貨の購入禁止、ウォルマートが独自仮想通貨を開発か、東京大学ブロックチェーン学生起業家支援プログラム第3回参加者募集などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

8月ローンチ予定のApple Cardは仮想通貨の購入を禁止

・Appleがゴールドマンサックスと共同開発している「Apple Card事業」の詳細が、8月2日にゴールドマンサックスの「Apple Card Customer Agreement」で明らかになった

・その中で、仮想通貨(暗号資産)は「現金同等物」としてカテゴライズされており、Apple Cardで仮想通貨を購入することは禁止となっている。理由としては、値動きが激しいので、ユーザーが返済できなくなる恐れがあるためとのこと。なお現金同等物には宝くじ、カジノのゲームチップなどもカテゴライズされている

ウォルマートが独自仮想通貨を開発か

・米ウォルマートが独自の仮想通貨の発行を検討していることが、米国特許商標局の公開したウォルマートの特許申請によって明らかになった

・米国特許商標局に提出された出願書類によると、この仮想通貨は米ドルの価格に固定されたステーブルコインであるとのこと

・またこの独自通貨の利用については、特定の小売業者またはパートナーでのみ使用可能であると記載されている

Stake Technologiesがシンガポール政府、Parity Technologies社の公式支援するグローバルインキュベーターLongHashのプログラムに参加決定

・ステイクテクノロジーズ株式会社が、LongHashの主催するインキュベーションプログラム「LongHash Hatch Program」に採択されたことを発表

・同プログラムはシンガポール政府とParity Technologies社のサポートのもと行われ、Web3 Foundationの開発する新興ブロックチェーンプラットフォームであるPolkadotに注力したプログラムとのこと

・同プログラムは6月から8月にかけての12週間に及び日本とシンガポールで行われ、8月にはシンガポール、上海、ベルリンの3都市で開催がされる

東京大学ブロックチェーン学生起業家支援プログラムが第3回参加者募集

・東京大学によるブロックチェーン技術を用いた起業を支援するプログラムの第三回の参加者募集が開始した。このプログラムでは2019年10月から2020年2月の約4ヶ月半開催される。なお期間中に参加学生は自身でブロックチェーンに関連する事業の立案とアプリケーションの実装を行う

・そしてこのプログラムではさまざまな業界の講師陣によるサポートや、本郷キャンパス内の専門スペースの使用権などの環境サポート、また報酬として参加者(参加チーム)に最大45万円の報酬と、10万円の予算がもらえる資金サポートを受けられる

・対象は本プログラム期間中、学生(大学生、大学院生、専門学生、高校生、高専生など)であること。個人またはチームでの参加が可能で、10名(チーム)程度が採用される予定

・参加のための課題の早期応募締め切り:2019年8月18日(日) 24:00で、最終的な応募締め切り:2019年9月1日(日) 24:00とのこと。可否結果は9月中旬頃までに連絡される →詳細はこちら

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した