米NBAがDapper Labsとブロックチェーンゲーム開発、LedgerX社が現物決済ビットコイン先物商品を提供開始、7pay(セブンペイ)9月末サービス終了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米NBAがDapper Labsとブロックチェーンゲームプラットフォーム「NBA Top Shot」開発

・アメリカのプロバスケットボール協会(NBA)とプロバスケットボール選手協会(NPBA)は7月31日、ブロックチェーンゲーム企業のDapper Labsと共同でブロックチェーンゲームプラットフォーム「NBA Top Shot」を開発していることを発表した

・このゲームではNBAシーズンでの試合中のNBA選手のプレイを「モーメント」という形で獲得し、自身のチームを作成することが可能。例えば3ポイントシューターのケヴィン・ドゥラントが3ポイントを決めた瞬間をゲーム内で記録し所有することなどもできる。さらにそのデータを売買できたり、ゲーム対戦時に利用できる

・Dapper CEOのRoham Gharegozlou氏は「NBAとそのプレーヤーは、世界文化の中で最も重要な要素の1つであり、それに関わることを非常に嬉しく思う」とコメント。NBAシニアディレクターのAdrienne O’Keeffe氏は「Dapper Labsが、画期的なゲームと世界中のバスケットボールファンが切望するデジタルグッズを生み出してくれるだろう」とコメントしている

アメリカ初。LedgerX社が機関投資家と個人投資家向けに、現物決済ビットコイン先物商品を提供開始

・アメリカで初めて、LedgerX社が機関投資家と個人投資家向けに、現物決済ビットコイン先物商品を提供開始した

・現状投資ができるのはアメリカ国民でKYC情報が認可された人のみ。今までビットコインを先物取引で取引する場合、証拠金を米ドルでしか預け入れることができなかったが、LedgerX今回この商品を提供開始したことにより、証拠金をビットコインで預け入れることができるようになった

・これに伴いLedger XのCEOが「暗号資産はすべての人のためのものであり、ファンドや機関投資家をヘッジするためだけに提供されるべきものではありません」とCoindeskの取材に対してコメントしている

ソニーフィナンシャルベンチャーズがブロックチェーンを活用した金融サービスを展開するドイツのスタートアップに出資

・ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社とグローバル・ブレイン株式会社などが、ドイツをベースにブロック チェーンを活用した金融サービスを展開する Bitwala GmbHに1300万ユーロ(約16億円)を出資したことが明らかになった

・2015 年10 月にドイツで設立された Bitwalaは、銀行と提携することで、銀行口座から直接、暗号資産を売買することのできるシームレスな取り引きを、モバイル端末を通じて実現している

HashHubがLightning Networkを活用したマーケティングの共同実験をマクロミルと開始

・株式会社HashHubが株式会社マクロミルと共同で、Lightning Networkを利用したアンケート運用の実証実験を開始することを発表

・今回の実証実験は、HashHubと株式会社マクロミルが共同で実施するアンケート調査に回答後、Lightning Networkを用いて即時にビットコインを付与する仕組みの検証をするとのこと

・具体的な実験の流れは、HashHubが回答者募集から調査実施まで一貫して行い、株式会社マクロミルがアンケートの調査設計・分析および全体監修を担当するとのことで、HashHubが公開するアプリ「Lightning Survey(ライトニングサーベイ)」にて回答した調査協力者に、アンケート回答直後にLightning Networkを内蔵した仮想通貨ウォレットであるPebble Walletを通じてビットコインが付与されるとのこと

・アンケート調査は、「仮想通貨およびブロックチェーン技術の認知度」を主とした構成のインターネットリサーチ形式で本日8月1日より開始がされるとのこと

・なお、このアンケートは、マクロミルの「マクロミルモニタ」対象にマクロミルポイントを付与する通常の手順で実施されるとのこと

・マクロミルモニタおよびHashHubから得られた回答は株式会社マクロミルにて分析し、一般の生活者グループ(マクロミルモニタ)と仮想通貨利用者および興味関心のあるグループ(HashHub回答者)における認知度比較などをレポートにまとめるとのことで、この内容は2019年9月24日(火)に開催予定の公開イベントにて共有がされるとのこと

7pay(セブンペイ)9月末でサービスを終了する方針

・セブン&アイ・ホールディングスがスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で終了する方針を固めたと1日共同通信が報じた

・1日午後に都内で開く記者会見で発表するようだ

株式会社HashPortがMissBitcoin藤本真衣氏と共同でアクセラレーター子会社を設立

・株式会社HashPortがアクセラレーター事業に特化した子会社、株式会社HashPort Acceleratorを設立し、クリプトファンドであるBlockVC、Hashed、Queschain Capitalと業務提携したことを発表

・HashPort AcceleratorはMissBitcoin藤本真衣氏と共同で設立、同氏は取締役Chief Acceleration Officerとして就任するとのこと

・同社は海外の有力プロジェクトに対して日本展開をサポートするためのアクセラレータープログラムを提供していくとのこと

My Crypto Heroesが国内で初めて仮想通貨取引所Coincheckとコラボキャンペーンを実施

・double jump.tokyo株式会社が開発・運営を行う「My Crypto Heroes」(以下マイクリ)が、コインチェック株式会社の運営する仮想通貨取引所・販売所「Coincheck」とコラボキャンペーンを実施することを発表

・マイクリを新規に始めたCoincheckユーザーに、抽選で500名にゲーム内で使用できるキャラクターであるUncommonヒーロー『サトシ・ナカモト ALPHA CC』をプレゼント

・またキャンペーン期間中に対象ツイートをリツイートしたマイクリユーザーに、抽選で30名にEpicヒーロー『サトシ・ナカモト OMEGA CC』、10名に1ETHプレゼントするとのこと

・共に8月9日0:00よりキャンペーンが開始される

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,Matrosovv)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。