米NBAがDapper Labsとブロックチェーンゲーム開発、LedgerX社が現物決済ビットコイン先物商品を提供開始、7pay(セブンペイ)9月末サービス終了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

米NBAがDapper Labsとブロックチェーンゲームプラットフォーム「NBA Top Shot」開発

・アメリカのプロバスケットボール協会(NBA)とプロバスケットボール選手協会(NPBA)は7月31日、ブロックチェーンゲーム企業のDapper Labsと共同でブロックチェーンゲームプラットフォーム「NBA Top Shot」を開発していることを発表した

・このゲームではNBAシーズンでの試合中のNBA選手のプレイを「モーメント」という形で獲得し、自身のチームを作成することが可能。例えば3ポイントシューターのケヴィン・ドゥラントが3ポイントを決めた瞬間をゲーム内で記録し所有することなどもできる。さらにそのデータを売買できたり、ゲーム対戦時に利用できる

・Dapper CEOのRoham Gharegozlou氏は「NBAとそのプレーヤーは、世界文化の中で最も重要な要素の1つであり、それに関わることを非常に嬉しく思う」とコメント。NBAシニアディレクターのAdrienne O’Keeffe氏は「Dapper Labsが、画期的なゲームと世界中のバスケットボールファンが切望するデジタルグッズを生み出してくれるだろう」とコメントしている

アメリカ初。LedgerX社が機関投資家と個人投資家向けに、現物決済ビットコイン先物商品を提供開始

・アメリカで初めて、LedgerX社が機関投資家と個人投資家向けに、現物決済ビットコイン先物商品を提供開始した

・現状投資ができるのはアメリカ国民でKYC情報が認可された人のみ。今までビットコインを先物取引で取引する場合、証拠金を米ドルでしか預け入れることができなかったが、LedgerX今回この商品を提供開始したことにより、証拠金をビットコインで預け入れることができるようになった

・これに伴いLedger XのCEOが「暗号資産はすべての人のためのものであり、ファンドや機関投資家をヘッジするためだけに提供されるべきものではありません」とCoindeskの取材に対してコメントしている

ソニーフィナンシャルベンチャーズがブロックチェーンを活用した金融サービスを展開するドイツのスタートアップに出資

・ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社とグローバル・ブレイン株式会社などが、ドイツをベースにブロック チェーンを活用した金融サービスを展開する Bitwala GmbHに1300万ユーロ(約16億円)を出資したことが明らかになった

・2015 年10 月にドイツで設立された Bitwalaは、銀行と提携することで、銀行口座から直接、暗号資産を売買することのできるシームレスな取り引きを、モバイル端末を通じて実現している

HashHubがLightning Networkを活用したマーケティングの共同実験をマクロミルと開始

・株式会社HashHubが株式会社マクロミルと共同で、Lightning Networkを利用したアンケート運用の実証実験を開始することを発表

・今回の実証実験は、HashHubと株式会社マクロミルが共同で実施するアンケート調査に回答後、Lightning Networkを用いて即時にビットコインを付与する仕組みの検証をするとのこと

・具体的な実験の流れは、HashHubが回答者募集から調査実施まで一貫して行い、株式会社マクロミルがアンケートの調査設計・分析および全体監修を担当するとのことで、HashHubが公開するアプリ「Lightning Survey(ライトニングサーベイ)」にて回答した調査協力者に、アンケート回答直後にLightning Networkを内蔵した仮想通貨ウォレットであるPebble Walletを通じてビットコインが付与されるとのこと

・アンケート調査は、「仮想通貨およびブロックチェーン技術の認知度」を主とした構成のインターネットリサーチ形式で本日8月1日より開始がされるとのこと

・なお、このアンケートは、マクロミルの「マクロミルモニタ」対象にマクロミルポイントを付与する通常の手順で実施されるとのこと

・マクロミルモニタおよびHashHubから得られた回答は株式会社マクロミルにて分析し、一般の生活者グループ(マクロミルモニタ)と仮想通貨利用者および興味関心のあるグループ(HashHub回答者)における認知度比較などをレポートにまとめるとのことで、この内容は2019年9月24日(火)に開催予定の公開イベントにて共有がされるとのこと

7pay(セブンペイ)9月末でサービスを終了する方針

・セブン&アイ・ホールディングスがスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で終了する方針を固めたと1日共同通信が報じた

・1日午後に都内で開く記者会見で発表するようだ

株式会社HashPortがMissBitcoin藤本真衣氏と共同でアクセラレーター子会社を設立

・株式会社HashPortがアクセラレーター事業に特化した子会社、株式会社HashPort Acceleratorを設立し、クリプトファンドであるBlockVC、Hashed、Queschain Capitalと業務提携したことを発表

・HashPort AcceleratorはMissBitcoin藤本真衣氏と共同で設立、同氏は取締役Chief Acceleration Officerとして就任するとのこと

・同社は海外の有力プロジェクトに対して日本展開をサポートするためのアクセラレータープログラムを提供していくとのこと

My Crypto Heroesが国内で初めて仮想通貨取引所Coincheckとコラボキャンペーンを実施

・double jump.tokyo株式会社が開発・運営を行う「My Crypto Heroes」(以下マイクリ)が、コインチェック株式会社の運営する仮想通貨取引所・販売所「Coincheck」とコラボキャンペーンを実施することを発表

・マイクリを新規に始めたCoincheckユーザーに、抽選で500名にゲーム内で使用できるキャラクターであるUncommonヒーロー『サトシ・ナカモト ALPHA CC』をプレゼント

・またキャンペーン期間中に対象ツイートをリツイートしたマイクリユーザーに、抽選で30名にEpicヒーロー『サトシ・ナカモト OMEGA CC』、10名に1ETHプレゼントするとのこと

・共に8月9日0:00よりキャンペーンが開始される

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,Matrosovv)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米セキュリタイズがデジタル証券サービス提供可能に、香港証券取引所がBCベースの資産取引後決済プラットフォーム試験導入へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ、香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が証拠金取引サービスを終了へ、SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ

香港証券取引所(HKEX)がデジタルアセット開発企業のデジタルアセット(Digital Asset)社の提供するスマートコントラクト言語「DAML」を活用した新しい取引後決済プラットフォーム「HKEX Synapse」を立ち上げる計画を11月24日に発表。

SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

SBIホールディングス株式会社が九州電力株式会社と株式会社筑邦銀行との間で包括連携協定を締結したことを11月24日発表した。この協定は3社が進めている「デジタル商品券・地域通貨を発行・運用するための情報プラットフォーム」を活用した新たなサービスや新規事業の検討・展開に向けた様々な取組みにおいて、継続的に連携・協力していくことを目的として締結されたとのこと。

デジタル人民元オフライン決済が12月試運用か、ウブロが偽造品対策にBC導入、ルワンダで鉱物トレーサビリティシステム試験運用へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の蘇州市で12月にデジタル人民元のオフライン決済の試運用か、高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入、独マインスパイダー(Minspider)がGoogleとルワンダの錫業者と提携しブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステムを試験運用へ、三井住友海上がブロックチェーン技術を活用した「スマート国際貿易保険プラットフォーム」を開発、SBI VCトレードが貸暗号資産サービスの提供開始

独マインスパイダー(Minspider)がGoogleとルワンダの錫業者と提携しブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステムを試験運用へ

独ブロックチェーン企業マインスパイダー(Minspider)が、同社開発のブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステム「オレソース(OreSource)」の実装に向け、ルワンダ共和国の錫(すず)生産業者ルナ・スメルター(LuNa Smelter)と提携したことを11月24日レジャーインサイトが報じた。