ビットコイン(BTC)が14日間連続で上昇の値動き。あと1日で記録に並ぶ

ビットコイン(BTC)が14日間連続で上昇の値動き

1月18日現在、ビットコイン(BTC)の価格が14日間連続で値上がりの動きを見せている。

この記録は2017年9月と2020年7月の10日連続の値上がりを超え、歴代で2番目となっている。あと1日このままBTC価格の値上がりが続けば、2013年11月に記録した15日間連続の価格上昇に並ぶことになる。

なおBTC価格は1月に入り26%の上昇を記録している。この1週間だけでも22%も上昇している状況だ。

BTCの価格は日本時間1月13日、昨年11月9日以来初めて19,000ドルを超えていた。なお大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がFTXの買収について基本合意し、翌日に撤回した出来事があったのが11月9日および10日だった。その際にBTCの価格は15,000ドル付近まで急落していた。

またビットコインに関する最新情報を伝える「Documenting Bitcoin」によると、18日にビットコインの時価総額が4,150億ドル(約54.4兆円)になり、JPモルガンスタンレーチェース(JP Morgan Chase)の時価総額4,130億ドルに対し上回ったとのことだ。

なお記事執筆時点(1/1815:30)での24時間でのBTC最高価格は21,438.66ドルとなっている(コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

エルサルバドル、ビットコイン以外のデジタル資産発行に関する規制法案が可決

ビットコインの「保留取引プール」とは? サトシの自由主義者としての視点

マイクロストラテジーがビットコイン(BTC)追加購入、初の売却も

Dfinity財団、ICPとビットコイン(BTC)ネットワークの統合完了を発表

イーサリアム(ETH)時価総額、ビットコイン(BTC)を追い抜くか?

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored