Bakktが7月22日にビットコイン先物取引テスト開始、フェイスブックの「グローバルコイン構想」にVISA、Uber、Booking.comなどが参画か、仮想通貨メディアCCNが閉鎖撤回などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Bakktが7月22日にビットコイン先物取引のテスト開始と発表

・Bakkt(バックト)がビットコイン先物取引のユーザー受け入れテスト(user acceptance testing))を7月22日に実施すると公式mediumで発表

・Bakktはニューヨーク証券取引所の親会社のインターコンチネンタルエクスチェンジ(ICE)が手がける仮想通貨(暗号資産)プラットフォームで、以前から7月にテストを開始すると発表していた

・今回のテストはICEが手がける先物取引所ICE Futures U.S.で取り扱いを予定している

・今回の発表に際しBakktのアダム・ホワイトCOOはテストの開始を「7月22日、アポロ11号の月面着陸50周年記念日の2日後に行う」と発表し、アポロ11号アームストロング船長の名言をなぞれらえて「This is no small step. (これは小さな一歩ではない)」とコメントした

Facebookの「グローバルコイン構想」のコンソーシアムにVISA、Uber、Booking.comなどが参画か

・Facebookが開発を進めている独自の仮想通貨「Global Coin」構想に「VISA、Mastercard、PayPal、Uber、Stripe、Booking.com」が運営コンソーシアムとして参画する予定であるとThe Wall Street Journalが報道した

・Facebookはネットワークの中央集権化を防ぐために100個のノード立ち上げ、管理・運用を第三者機関に委託をしていく予定で、第三者のノード管理団体になる条件としFacebookに1000万ドル支払うのが条件と言われている

IBMとCIPが提携しブロックチェーンID認証プラットフォームを公開

・IBMがブラジルのCIP社と提携をして、ブロックチェーンを活用したID認証プラットフォーム「Device ID」を正式に公開をしたことをコインテレグラフブラジル版が報じた

・「Device ID」はHyperledger Fabricのブロックチェーンプロトコルを採用し、9行の銀行の参加がすでに見込まれており、ブラジルの国内決済システムであるBrazilian Payment System(SPB)に統合されるとのこと

・「Device ID」の目的は、モバイルデバイスを使ったデジタル署名の証明を承認・検証し、金融犯罪や金融システムの不正使用から保護することとしている

コインベースカードが新たに欧州6か国で利用可能に

・コインベースが発行する、仮想通貨(暗号資産)VISAデビットカード「コインベースカード」が新たに欧州6か国において利用が6月12日より可能になった

・新たに追加された国は、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、アイルランド、オランダで、4月のローンチ当初より取り扱いをしているイギリスを含めると合計7か国での使用が可能になった

・またCNBCで報道されたCoinbase UKのCEO Zeeshan Feroz氏のコメントによると、現状の発行枚数については明言しなかったものの、4月に行ったイギリスでの初回無料キャンペーンで発行した1,000枚は即座に終了したとのこと

Googleコアアップデートの影響で6月10日に閉鎖を発表していた仮想通貨メディアCCNが閉鎖を撤回

・6月10日にGoogle検索のアップデートによって2日間で90%流入が減ったことなどを理由に閉鎖を発表していた仮想通貨メディアCCNが、6月12日に自社メディア上で閉鎖を撤回した

・CCNは検索順位が下落した原因を調査し、SEO専門家のサポートを受けて継続していくとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。