Appleが暗号学ツールキット発表、国税局が仮想通貨の税金100億円申告漏れを指摘、カルフールが食品トレーサビリティチェーンで一部商品の売上増加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Appleが暗号学ツールキット「CryptoKit」を発表

・AppleがWWDC2019で、暗号学ツールキット「CryptoKit」を発表

・CryptoKitは安全・効率的に暗号学的なオペレーションを実行するためのフレームワークで、プログラミング言語「Swift」上でハッシングやキーの生成、暗号化などの一般的な暗号学的コマンドを実行できるツールキット

・CryptoKitを活用することで、安全なアプリを開発できる。機能の一部を紹介すると、
①暗号学的に安全なdigestを計算、比較する
②公開鍵暗号を使用してデジタル署名を作成および評価し、鍵交換を実行。メモリに保存されているキーを操作するだけでなく、Secure Enclaveに保存されて管理されている秘密鍵も使用できる
③公開鍵を生成し、それらをメッセージ認証や暗号化などの操作に使用できる

Tether(USDT)の6割の取引が中国の取引所であることが明らかに

・中国の規制されていない仮想通貨取引所が、Tether(USDT)の取引量の6割以上を占めていることが、アメリカのブロックチェーン調査会社のDiarのレポートによって明らかになった

・2019年のこれまでの、アメリカと中国のTetherの取引量は、アメリカが約4億5000万ドルで中国が約100億ドルとなっていて、2018年の取引量と比較するとアメリカが少し低下し、中国は伸びている

国税局が仮想通貨(暗号資産)の税金100億円申告漏れを指摘

・国税当局より仮想通貨(暗号資産)取引においての税金申告漏れの指摘が、50人と30社で総額100億円あったことが、朝日新聞の報道で明らかに

・2017年末に相場が高騰した際に、多額の売却益を得たのに税務申告しなかったり、実際よりも少なく申告したケースが相次いだとみられる

・そのうち70億円以上は、親族や知人名義の口座での取引や、実際の取引記録を残しているのに故意に売却益を少なく見せかけたとして、重加算税対象の「所得隠し」と判断された

・高額・悪質なものについては脱税容疑での告発も検討しているとみられる

ウォルマートが医薬品トレーサビリティのMediLedgerに参加

・米ウォルマートが新たに医薬品のトレーサビリティを行うブロックチェーンコンソーシアム「MediLedger」に参加をすることがコインデスクの報道で明らかに

・MediLedgerはクロニクルドが主導で開発した、製薬業界向けのブロックチェーンネットワークで、ファイザー、マクケッソン、アメリソースバーゲン、プレミアの4社が先月の5月2日より参加しており、商用利用の準備が年内中に整う予定とのこと

・ウォルマートはIBMの開発したHyperledgerFabric上で稼働する「IBM Food Trust」にも参加しており、昨年9月に、野菜取引業者、供給元へIBM Food Trustに参加することを義務付ける書簡を送り、実用化促進を後押ししている

カルフールが食品トレーサビリティチェーンIBM Food Trust導入により一部商品の売り上げが増加

・仏カルフールがブロックチェーンを活用した食品トレーサビリティ対象の取り扱い商品を拡大することをロイターが報じた

・カルフールは、すでに鶏肉、卵、生乳、オレンジ、豚肉、チーズなど20品目のブロックチェーン情報を発表しており、消費者は製品の詳細情報を確認して購入することができる

・カルフールのブロックチェーンプロジェクトマネージャーのEmmanuel Delerm氏によると、「昨年より柑橘類が前年より早く売れている、鶏肉もブロックチェーン情報がある鶏肉のほうが顧客の印象が良い」とロイターの取材に対してコメントをしている

・乳幼児対象製品やオーガニック製品など、消費者が安心したいと思う分野に焦点を当てて、今年はさらに100品目を追加する予定 ・カルフールは「IBM Food Trust」に参加しており、他にもネスレ、ドールフード、マコーミック、マックレーン、タイソンフード、ユニリーバ、ウォルマートなども参加している

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

S&Pダウ・ジョーンズが暗号資産インデックスソリューションを21年に提供開始、米下院にてステーブル法案提出、SBIがBOOSTRYへ資本参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ、米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出、リスクストリーム(RiskStream)がブロックチェーンを利用した生命保険による死亡通知の概念実証を完了、SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結、ふるさと納税でビットコイン。ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービス経由の「ふるさと納税」の利用が昨年対比2倍に伸長、【取材レポ】電子投票の「ファーストペンギン」を目指す。石川県加賀市がxID、LayerXと市政デジタル化を目指し連携協定

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。