フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連子会社設立、アマゾンがPoW暗号システムの特許取得などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

フェイスブックがスイスにブロックチェーン関連と思われる子会社リブラネットワークス設立

・フェイスブック(Facebook)が2019年5月2日にスイス・ジュネーブにおいて「リブラ・ネットワークス(Libra Networks)」という子会社を登記したことがロイターが報道でわかった

・このリブラ・ネットワークスはフェイスブック・グローバル・ホールディングス(Facebook Global Holdings)を株主とし、「金融・テクノロジーサービスを提供し、関連するハードウェアやソフトウェアを開発する」とのこと

・フェイスブックが進めているブロックチェーン仮想通貨事業「リブラ(Libra)」の名称を冠した社名のため、その事業との関連が推測される

アマゾンがビットコインのようにProof of Workで機能する暗号システムの特許を取得

・AmazonはPoWプロトコルで機能する暗号システムの特許を取得したことが、米国特許商標庁(USPTO)の広報によって明らかになった

・AmazonはPoW暗号システムによって、現在問題になっているサービス攻撃(DoS)攻撃や分散サービス攻撃(DDoS)などの、セキュリティ攻撃の防止にも役立つ可能性があると述べている

ツバイスペースがアジアへ進出と不動産チェーンの記録検索サイトを構築

・不動産、建設テックの、株式会社ZWEISPACE JAPANが、シンガポールを拠点にアジア各国での事業化を進めるとともに、新たに不動産ブロックチェーンの記録内容を検索するサイトを構築し、各国へ不動産ブロックチェーンのノードを展開することを発表

・アジア各国へのノードの展開により、より強力なブロックチェーンによる不動産登記情報の改ざん防止、維持管理、特許取得済みの耐震システムによる地震情報の管理が可能となる

・オーストラリアとカナダに続き、アジア各国での事業化を決定し、シンガポールを拠点にインドネシア、フィリピン、インド、韓国、香港、中国へ事業パートナーを募り始める

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/11の話題】バイナンスで米ドル入出金が停止、Perfume初のNFTアートなど(音声ニュース)

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か、Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売、【取材】ステイクが11億円調達、Fenbushi Capital、East Ventures、Gumi Cryptosらから(CEO渡辺創太)、gumi創業者の國光氏退任、ブロックチェーンとVRに注力か、エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念、銀行の暗号資産保有に厳しい提案、バーゼル銀行監督委員会、米ステート・ストリート、デジタルアセット部門を立ち上げ、バイナンスにGitcoin(GTC)が上場、米コインベースとForUsALL、暗号資産利用の確定拠出年金プラットフォーム発表、BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達、フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社と米MintKudos inc(ミントクードス)が業務提携することを6月11日発表した。これにより両社はNFTやソーシャルトークンを中心としたトークンゲーティング機能によるユーザーへの新体験や、Web3.0サービスの事例作りを行っていくとのこと

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か

暗号資産(仮想通貨)企業にサービスを提供する金融機関の1つである米シルバーゲート(Silvergate Bank)銀行が、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)向けの米ドルでの入出金処理を停止することをコインデスクが6月10日に報じた。コインデスクはこの事情に詳しい関係者からの情報を元に報じている。

【速報】Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売

Perfumeがリリースを予定していたNFTアート作品の販売開始が6月11日正式に発表された。本日11日21時より販売される。 今回Perfumeが販売するのはNetflixで配信中の「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作される、Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」だ