クラーケンジャパンにメイカー(MKR)上場

クラーケンジャパンにMKR上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンジャパンが、暗号資産メイカー(MKR)の取り扱い開始を11月18日発表した。

なお国内取引所においてMKRが上場するのは7例目。ビットバンク、GMOコイン、ビットフライヤー、FTX Japan、コインベースジャパン、DMM Bitcoinが取り扱っている。

クラーケンジャパンでのMKR取り扱いは、販売所および取引所サービスが対象となる。販売所においてはクラーケンジャパンが取り扱うすべての暗号資産および法定通貨にてMKRが購入できるという。また取引所ではMKR/USD、MKR/EUR、MKR/BTCの取引ペアがサポートされるとのこと。

なお販売所における取引単位は、0.00001MKRで、取引所の最小取引数量は0.002MKRとなっている。

今回のMKR上場によりクラーケンジャパンでは合計15銘柄を取り扱うことになった。

全取り扱い銘柄はビットコイン(XBT:BTC)、 イーサリアム(ETH)、 リップル(XRP)、 ビットコインキャッシュ(BCH)、 ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、OMGネットワーク(OMG)、ポルカドット(DOT)、エンジンコイン(ENJ)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、元素騎士メタバース(MV)、カルダノ(ADA)そしてメイカー(MKR)となっている。なお法定通貨については日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)が取り扱われている。

関連ニュース

クラーケンジャパンにカルダノ(ADA)上場、ステーキングも開始

DMM Bitcoinにチェーンリンク(LINK)とメイカー(MKR)上場へ

DAIの「MakerDAO」が新プロトコル「Maker Teleport」発表、ほぼ即時の高速ブリッジ実現へ

DMM Bitcoinにチェーンリンク(LINK)とメイカー(MKR)上場へ

MakerDAO、コインベースのカストディで約2380億円を運用へ

参考:クラーケンジャパン
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored