ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知、Coinbaseカストディ事業約10億ドル規模に、BlockBaseらがNFTを活用した楽曲配信実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ビットコインキャッシュのハードフォークで異常検知

・5月15日21時頃に実施されたビットコインキャッシュのハードフォークで、ブロックに異常が検知されたと、同日23時ごろからBitMEXなど複数の取引所が指摘

・BitMEXは1ブロックあたりの取引数が低いことを指摘。58万2680ブロック以降の9つほどのブロックはゼロになっており、またメモリープールには1622のトランザクジョンがあると報告した

・その後BitMEXは16日0時50分に、最新の2つのブロックは再びトランザクションを含み始め、問題が修正された可能性があると報告している

・日本の取引所コインチェックや、ビットバンクはこの異常を受けビットコインキャッシュの入出金を停止している(5月16日11時現在)

・入出金の再開は異常の解消を確認次第、行なっていくとのこと

Coinbaseのカストディ事業が立ち上がって1年で、約10億ドル規模になったことが明らかに

・Coinbase社CEOのアームストロング氏が同社のカストディ事業が発足してから1年ですでに10億ドル相当(約1100億円)の規模に達していると、15日コンセンサスのトークセッションで明らかにした

・また、70以上の機関投資家がカストディに加入しており、毎月1億5千万ドル(約164億円)のペースで資金が増加していることも明らかにした

・機関投資家にとって、ビットコインが資産運用の対象になっているが、今後は他の通貨にも移り渡っていくだろうとも、アームストロングは発言している

リキッドグループとバーチャルカレンシーパートナーズ、合弁会社を設立し米国市場進出へ

・金融庁の登録を受けた仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」を運営するQUOINE株式会社を傘下に持つリキッドグループ株式会社とVirtual Currency Partners(バーチャルカレンシーパートナーズ)が、米国市場進出のため、合弁会社 Liquid Financial USA Inc. を設立したことを発表

・今回の米国進出は、先般発表された10億米ドル(約1,110億円)以上の評価額を獲得し、日本で現時点で2社目となるテック系ユニコーン企業となったシリーズCラウンドにおける資金調達を背景に、Liquidの主要市場への参入の第一歩となるものとのこと

・Liquid USAはFinancial Crimes Enforcement Network(米国金融犯罪取締ネットワーク、FinCEN)に登録された金融サービス事業を提供するIQX社を買収し、LiquidはIQX社を通して米国市場へアクセスする予定

・Liquid USAは米国規制当局の承認を条件として、Liquidのすべてのサービスを米国市場に提供することを計画している。 規制当局の承認が下りた暁には、Liquid USAは、米国の顧客がLiquidのネイティブトークンであるQASHを利用したり取引したりできるようにする計画がある

大手資産運用会社Fidelityが9つのブロックチェーン関連の職業を募集していることが明らかに

・大手資産運用会社Fidelityがブロックチェーン/暗号通貨関連の「Vice President, Solutions Architecture 」や「Product Designer」などを含めた9つのブロックチェーン/暗号通貨関連の職業を募集していることが明らかに

・FIdelityはOTC取引やトレードなどに今年度中に参入する予定であると去年報道された

・Fidelityは最良の取引オファーを見つけ、クライアントがその価格で執行することを可能にするSOR(スマートオーダールーター)を開発していくと、The Blockは報道している

BlockBaseとMaltine RecordsがNFTを活用した楽曲配信の実証実験を開始

・BlockBase株式会社がインターネット上のレコード・レーベル「Maltine Records」とVJソフトの開発を手がけるギーク×ナード集団「コバルト爆弾αΩ」と共同で、NFT(Non-Fungible Token)を活用した音楽配信の実証実験を開始

・この実験ではMP3音源ファイルの原盤権の一部をトークン化をしてNFTマッチングプラットフォームbazaaarで抽選のうえ配布

・トークン保有者は原盤権の複製権と譲渡権、著作権の翻案権、演奏権を行使することが可能になり、MP3音源のコピー、配布Remix、カバー演奏がレコード製作者や著作者に都度許可を得ることなく自由に行える

・実証実験の目的として、「利便性と複製禁止の実効性を踏まえると、視聴するための権利を販売する形態は現代には馴染まないと考え、原盤権の有無により音楽ファイルの価値に明瞭な違いを持たせること」としている

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock・nickylarson974・proud_natalia)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

政府はビットコインを殺すの力はないと米議員発言、Libraに関する米国下院金融サービス委員会の公聴会、ALISが企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービス開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国会下院議員が「政府はビットコインを殺す力はない」と発言、フェイスブックLibraに関する米国下院金融サービス委員会の公聴会が開催、コインベースが投資家向けに独自データを無償で提供、ALISが企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービスを開始

Libraに関する米国上院銀行公聴会開催、ビットポイント緊急会見で明らかになった新情報、シンクロライフがオリコと資本業務提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libraに関する米国上院銀行公聴会で論点となった「信頼と規制」、仮想通貨ハッキング被害を受けたビットポイントの緊急会見で明らかになった新情報、Polkadotが開発者向けの本番仕様をテストできる開発環境「Kusama Network」を今夏にローンチ予定、トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営のGINKANがオリエントコーポレーションと資本業務提携を発表、メタップスグループUpsideがTelegramの独自暗号通貨「GRAM」を韓国で販売決定、「Devcon Osaka」のチケットが本日7月17日22時に発売開始、ALISと博報堂ブロックチェーン・イニシアチブによる共催イベントが8月7日に開催

ビットポイントがハッキング事件被害顧客へ現物補償か、Libraの米議会上院公聴会に向けフェイスブックのデイビッド・マーカス氏の声明公開などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットポイント続報、ハッキング事件被害顧客へ現物補償か、またシステム提供の海外取引所でも2.5億円程度の被害も確認、Libraに関しての米議会上院公聴会に向けて フェイスブックのデイビッド・マーカス氏の声明が公開される、韓国大手7社がモバイル認証システム構築のためにコンソーシアムを結成、ヴィタリック・ブテリン氏がイーサリアムのスケーラビリティ問題の短期的な解決案としてビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックのチェーンを利用することを提案、デザーが50億ドル相当のUSDTを誤って発行し、直後にバーンを実施、LayerX福島良典氏がMBOによって株式の95%を取得へ

仮想通貨取引所ビットポイントが約35億円ハッキング、トランプ大統領のビットコインやLibraについてツイート、SECがブロックスタックのトークンセールを認定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仮想通貨取引所ビットポイントがハッキング被害、トランプ大統領が「ビットコインやLibraへの見解」をツイート、カナダ政府が仮想通貨取引所の登録届出を義務化することを発表、米国でアマゾン、スターバックス、UberなどがFold社の提供するアプリでビットコイン支払い可能に、ブロックスタックのトークンセールをSECが認定、ディカプリオの映画制作会社「Appian Way」と「Vision Tree」が映画の制作資金をトークンで調達する計画が発表、仮想通貨取引所ディーカレットが総額 34 億円の資金調達を日本の大手12社から実施、HashHubがステーキング事業「Sanka Network」を開始、住友商事グループとシェルがLO3 Energyに出資、経産省がブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関するシステムの開発・実証に関する補助金の採択を決定

ウィンクルボス兄弟のGeminiがフェイスブックのLibraに参画か、サムスンがイーサリアムDApp開発キット公開、QuantstampがカカオのKlaytnを監査などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ウィンクルボス兄弟が経営する取引所「Gemini」が「Libra Project」に参画の可能性、サムスンがGalaxyシリーズ等に対応したイーサリアムDApp開発キット公開、QuantstampがカカオのブロックチェーンプラットフォームKlaytnを監査、バイナンスシンガポールが正式ローンチ、アメリカのコンビニ「シーツ」がビットコインATMを設置、インドでLibra提供の計画がないことがFacebook広報によって明らかに、ライトコイン創設者のチャーリー・リー氏が半減期による影響を注意喚起、DMMビットコインがリップルの現物取引を開始、PoLがDevcon対策用の特別英語コース開始、クリプトスペルズがクラウドセール終了で売り上げが900ETHを超え累積黒字化

金融庁「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」入札公告、ゴールドマンサックスがBC人材募集、NTTリサーチが米国にBC等の研究所などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

金融庁が「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」に関する入札公告、ゴールドマンサックスがデジタルアセットチーム発足のため人材募集開始、NTTリサーチが米国にブロックチェーン等の次世代技術の基礎研究に取り組む研究所設立、ブロックチェーン企業「Torus Secures」がCoinbaseやBinanceなどから200万ドルの資金調達、イラン中央銀行担当者が仮想通貨取引を違法であると警告、ビットメイン元CEOであるジハン・ウー氏が、シンガポールで仮想通貨スタートアップ設立との報道

トロン財団がトロンを騙った詐欺に対し公式声明、イードらブロックチェーンを活用したアニメニュース翻訳PF実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

トロン財団がトロンを騙った詐欺に対し公式声明、イード、Tokyo Otaku Mode、bitFlyer Blockchain、オタクコイン協会が4社共同でブロックチェーンを活用したアニメニュース翻訳プラットフォームの実証実験を開始、Libra発表の影響で中国人民銀行がデジタル通貨開発に着手か、シンガポール政府が仮想通貨における物品サービス税(GST)の免除を計画

BlockPunkが世界初のブロックチェーントークン型アニメ映画発売、リクルート投資会社がBC企業Provenanceへ出資、オラクルが蜂蜜SCトレーサビリティシステム開発のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BlockPunkが世界初のブロックチェーントークン型アニメ映画を発売開始、リクルート投資会社が金融商品の組成、販売における効率性を向上するブロックチェーンプラットフォームを提供するProvenanceへ出資、Binance出資のオーストラリア旅行会社「Travel by Bit」が仮想通貨決済可能なアプリB版のデモ動画をリリース、仮想通貨ウォレットElectrumにライトニングネットワークが実装されることが明らかに、オラクルがブロックチェーンを活用した蜂蜜サプライチェーン向けのトレーサビリティシステムを開発、イギリスのクラフトビール企業「BrewDog」がクラウドファンディングへの支援を10種類の仮想通貨で可能に

Libra責任者「Libraへの誤解」へ言及、富士通研究所がブロックチェーンでオンライン取引の本人確認技術開発、「SPEDN」がライトコイン対応などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libra責任者が「Libraへの誤解」について言及、仮想通貨決済アプリ「SPEDN」の対応通貨にライトコイン追加、米仮想通貨取引所GeminiがFINRAへライセンス申請、IBMがブロックチェーンを活用した銀行保証処理を効率化するブロックチェーンプラットフォームのパイロット版をローンチ、富士通研究所がブロックチェーンでオンライン取引の本人確認技術「IDYX」を開発