ヤフーの出資会社が仮想通貨取引所「TAOTAO」5月中旬開始、SBIグループがマイニングチップの製造とシステム開発の新会社設立、BlockFiが年利を変更などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ヤフー子会社Zコーポレーションの出資会社が仮想通貨取引所「TAOTAO」を5月中旬オープン

・ヤフー子会社Zコーポレーションが出資するTaoTao株式会社が仮想通貨交換所「TAOTAO」を5月中旬にオープン予定と発表 ・BTC/JPYとETH/JPYの現物取引とBTC・ETH・XRP・LTC・BCHとJPYの通貨ペアがレバレッジ取引の対象に

・2018年4月にZコーポレーションは「ビットアルゴ取引所東京」の株式40%を取得、その後ビットアルゴ取引所東京はTaoTao株式会社に社名変更していた

・「TAOTAO」では一定期間の事前登録ユーザー全員に1000円のプレゼントと「TAOTAO」の営業開始後、一定条件を満たした取引により抽選で500名に1万円が当たる、仮想通貨取引所オープン記念のWキャンペーンが開催される

 

SBIグループがマイニングチップの製造とマイニングシステムの開発を行う新会社を設立

・SBIホールディングス株式会社が仮想通貨のマイニングチップの製造とマイニングシステムの開発を行う新会社、SBI Mining Chip株式会社を設立

・マイニングチップの開発・製造については同分野で実績を有する米国の大手半導体素子メーカーと連携

・SMCにはNASA出身で最先端の半導体を中心としたエレクトロニクス分野で高度な知見を有する専門家であるAdam Traidman氏が就任

 

仮想通貨貸付サービスBlockFiが年利を6.2%から2%へ変更する予定

・BlockFiが仮想通貨貸サービスの年利を6.2%から2%に引き下げることを発表。理由は、予想以上に需要があったから。数値としては顧客資産が400%増

・BlockFiを活用している投資家の75%は5BTCか150ETH未満しか保有しておらず、保有額の中央値も約7000ドルであることが明らかに

 

仮想通貨取引所bitbankがBitcoin SVについて対象者に日本円換算で支払いを発表

・ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank」は、先日のビットコインキャシュのハードフォークで発生した新通貨Bitcoin SVを対象者には日本円に換算して支払うと発表

・2018年11月16日のハードフォーク後の1時40分頃に取得したスナップショットに基づき、対象者のBitcoin SV保有量相当額を日本円換算で取引アカウントに付与するとのこと

・コインチェックも同様の対応を先日発表していた

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

((images:iStock /artsstock,GarryKillian)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ヒュンダイがブロックチェーンでの中古車両情報追跡PF開発を計画、サムスンがブロックチェーン開発とトークンの発行を検討かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ヒュンダイがブロックチェーン市場に参入、中古車両情報追跡のプラットフォーム開発を計画、サムスンがイーサリアムでのパブリックブロックチェーンの開発とトークンの発行を検討か、株式会社digglueがBaaS特化型情報サイト「BaaSinfo!」をオープン、近畿大学・大阪商工会議所・関西情報センターが連携して、ブロックチェーン教育プログラム「BLOCKCHAIN Teck MEETUP OSAKA」を開催

三菱総研が地域コイン社会実験検証結果を発表、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」提携しビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱総合研究所が地域コインの社会実験を実施し、地域商品券事業への適用可能性とその効果検証の結果発表、ALISが企業向けのブロックチェーン事業参入コンサルティング・開発支援を開始、金融庁がフォビジャパンとフィスコに立ち入り検査か、マネックス証券がコインチェックと連携し、マネックスポイントを仮想通貨と交換できるサービスを開始、「あたらしい経済」とインフォバーン「Unchained」が提携し、ビジネスパーソン向けブロックチェーン教育プログラム「ビジネス・ブロックチェーン・キャンプ」開始

ふくおかFGのiBankマーケティングがブロックチェーンの地域ポイント本格稼動、サスメドのBCの臨床データのモニタリングシステム実証実験がサンドボックス制度認定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ふくおかフィナンシャルグループのiBankマーケティングが、ブロックチェーンでの地域ポイントサービスの本格稼動、経済産業省が「規制のサンドボックス制度」案件として、サスメドのブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証実験を認定、Seamico Securities DigitalがタイでICO免許を取得。今年の夏までにTezos Public chainでトークン発行予定、仮想通貨にも対応したVisaプリペイドカード「Pollet(ポレット)」に約1分で発行可能なバーチャルカードが登場。10%増量キャンペーンも開催、米スタートアップMOONでライトニングネットワークを使用してAmazonで買い物ができるサービスを開始、G20福岡で仮想通貨規制を含めた策定書作成の議論開始が明らかに

MUFGと米アカマイが事業会社設立、フォルクスワーゲンがブロックチェーン活用グループ組成、IndieSquareがBC間で暗号資産を転送する「HAZAMA」開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイテクノロジーズが新たに事業会社「Global Open Network Japan 株式会社」設立、フォルクスワーゲングループが鉱物のサプライチェーンにIBMブロックチェーンを活用するグループを組成、セレーナウィリアムスが経営するVCがCoinbaseに出資していることが明らかに、株式会社IndieSquareがブロックチェーン間で暗号資産を転送するシステムを開発仮想通貨取引所ザイフが株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業承継業務が終了 MONAの現物取引を再開

米コインベースが新たに11カ国で仮想通貨交換サービス開始、「Binance Chain」4月23日メインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインヘイブ事件のモロ氏の寄付募集開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米コインベースが仮想通貨ペア交換サービスを11カ国で展開開始、サービス提供地域は53カ国に、バイナンスの「Binance Chain」が4月23日にメインネットローンチ、日本ハッカー協会がコインハイブ事件モロ氏の弁護士費用の寄付募集開始、ペイパルがクリプトジャックを防御する技術の特許を取得、テレグラムのTON Labsとドイツのペイメント企業Wirecardが共同で分散型プラットフォームを作り上げることが明らかに

LCNEMがステーブルコインとライトニングネットワークを組み合わせた新サービス発表、マイクロソフトやEEAらが「Token Taxonomy Initiative」組成などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LCNEMがステーブルコインとLightning Networkを組み合わせた新サービスを発表、匿名技術を提供する企業BoltLabsがリップル・Zキャッシュなどから150万ドルの資金調達、MicrosoftとEEAが中心となり、ブロックチェーンでのビジネスデザインやトークン設計を推進するための「Token Taxonomy Initiative」を組成したことが明らかに、国内初NFTのマッチングプラットフォーム”bazaaar”の新規アセット掲載、次世代型SNS「FiNANCiE」新たにヒーローが5名参加、消費者庁が暗号資産に関する注意喚起資料、詐欺などに関する相談を更新

三菱UFJグループが米チェイナリシス社に出資、SBI取引所がBCH取り扱いを廃止予定、ブロックチェーンを使った「Famiee」プロジェクト始動などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJグループ投資ファンドが仮想通貨のコンプライアンスツールを開発する米チェイナリシス社に出資、SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュの取り扱いを廃止、BlockStackがアメリカSEC Regulation A+を基に、資金調達のための書類をSECに提出、株式会社ホットリンクがブロックチェーンを活用したパートナーシップ証明書の発行「Famiee」プロジェクト始動を発表、Binanceの2019年第1四半期の利益が、66%増の7800万ドルであることが明らかに金融庁が仮想通貨交換業者に対し「コールドウォレット」管理社内規則の厳格化を指示か、ロイターが関係者取材での報道

バイナンスがBitcoinSVの上場廃止発表、取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスがBitcoin SVの上場廃止を発表、仮想通貨取引所「楽天ウォレット」が新規口座開設申込受付を開始、マネーフォワードフィナンシャルが仮想通貨関連事業への参入延期、FLOCブロックチェーン大学校が無償提供する新テクノロジー講座が4月にも開催

コインチェック大口OTC取引にETHとXRPが追加、マジックリープがブロックチェーンエンジニア募集、IMFと世界銀行が独自仮想通貨の利用実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

コインチェックが大口OTC取引の対象通貨に「ETH」「XRP」を追加、Binance Lab初代grantに「Ironbelly,HOPR,Kitsune Wallet」が採択、AR Techのスタートアップ「Magic Leap」がブロックチェーンエンジニアを募集していることが明らかに、IMFと世界銀行が独自の仮想通貨の利用実験を開始したことが明らかに、FXcoinがSBIグループからの出資受け入れ