ジャックドーシーがスクエア社の仮想通貨エンジニアとデザイナー募集をツイート、フェイスブックがブロックチェーン事業の主任企業弁護士を募集などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

ジャックドーシーがTwitter上でSqueareの仮想通貨エンジニアとデザイナー募集をツイート

・Twitter社とSquare社の創業者であるジャックドーシーが自身のツイートでSquare社で仮想通貨エンジニア3~4名、デザイナー1名の募集を告知

・ジャックは、クリプトエコシステムが資金不足なのでデザイナーをまだ重宝できていないと言及。 優れたデザインは、より多くの人々がクリプトのテクノロジーに興味関心そして、サイトにアクセスするのに非常に役立つ。ジャックは一例として「My First Bitcoin」を揚げている。

フェイスブックがブロックチェーン事業に関する主任企業弁護士を募集

・フェイスブック採用ページ「facebook careers」に「主任企業内弁護士(Lead Commercial Counsel, Blockchain)」の採用情報が掲載

・ブロックチェーン事業における国際的なパートナーシップや新しいプロダクトの立ち上げに関する法律的なサポートをする弁護士の採用

・応募資格は弁護資格の保持や5年以上の法務経験かつ4年以上のテクノロジー企業での法務経験、モバイルやオルタナティブなペイメントの技術やイーコマースに強い関心があることなど

Wavesプラットフォームが独自のブロックチェーンスクリプト言語「RIDE for dApps」の実装に向けてソフトウェアアップデートをテストネットでリリース

・Wavesは、Waves プラットフォーム上で稼働するdApps (分散型アプリケーション) 向けの言語である「RIDE for dApps」の導入に向けて、ソフトウェアアップデートをテストネットでまもなくリリースすると発表

・RIDEはスマートなトランザクションをブロックチェーン上で可能にし、ノードの計算リソースを最大限に活用出来るよう最適化されたWaves独自のブロックチェーンスクリプト言語。そのトランザクションの実行結果は確実性のあるロジックに基づいており、ブロックチェーン上にデプロイされたRIDEのスクリプトを用いて実現される

・今回のアップデートによって、すべての開発者がWavesのブロックチェーン上で、本格的なWeb 3.0アプリケーションを作成できるようになる

・Waves Platformの創設者で最高経営責任者(CEO)のSasha Ivanovのコメント「Ethereumの脆弱性と限界点を見た後、Wavesはチューリング完全がブロックチェーン上の計算において必ずしも必要ではないと考えてきました。その為、RIDEの言語は、意図的にチューリング非完全にしています。それでも、チューリング完全が必要とされる場合には、連続するブロックに渡って動作を分割することで、依然としてチューリング完全を達成することが可能です。その実現の為に、RIDEはブロックチェーン上の計算に、柔軟で安全なソリューションを提供します。」

Catabiraが元AnyPay取締役の中村智浩氏の取締役CTO就任を発表

・ブロックチェーンデータのモニタリング SaaS catabira.com を運営する株式会社catabiraに、元AnyPay取締役の中村智浩氏が取締役CTOとして就任

・中村氏は新卒でゴールドマン・サックスにエンジニアとして入社。エレクトロニック・アーツを経てCTOとして株式会社ウィキッズを創業。その後AnyPay株式会社にてCTOを務め、ペイメントサービスやICO・STOサービスの開発を統括。そして2019年3月より、株式会社catabira取締役CTOに就任

・catabira は、”ブロックチェーンテクノロジーを基盤とする多様なコミュニティとエコノミーの発展に貢献する” というビジョンを掲げるテクノロジー・スタートアップ。プロダクトの第一弾として、2019年1月にブロックチェーンデータのモニタリング SaaS である catabira.com をローンチcatabira.com は現在パブリックベータとして公開。ベータプログラムには 40以上の企業・個人ユーザーが参加している

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。