フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業

フラクトンベンチャーズとプロトコルラボが協業へ

国内拠点でweb3インキュベーションプログラムを運営するフラクトンベンチャーズ(Fracton Ventures)と「ファイルコイン(Filecoin)」開発元のプロトコルラボ(Protocol Labs)が協業することを9月26日発表した。

今回の協業はweb3エコシステムを日本でさらに拡大させるための戦略的パートナーシップとのことだ。

プロトコルラボはIPFS(分散型ストレージ)や分散型ファイル共有プロトコルの「ファイルコイン」などを開発する企業だ。なお「ファイルコイン」は年初から比べ現在ストレージ供給者が約7倍に増加していることが9月に発表されている。なお2023年初めには大規模アップグレードが予定されている。

またプロトコルラボは、フラクトンベンチャーズが9月に開催終了した「Fracton Incubation 2022 powered by bitbank」ではゴールドスポンサーとして参加し、参加者への特別講義やメンタリングを実施していた。

今回の協業へ向けてフラクトンベンチャーズのルベン・アメニョグボ(Ruben Amenyogbo)氏は「日本にはweb3エコシステム拡大の大きな可能性があり、プロトコルラボと共にこのエコシステムを構築することに大きな関心と構想を持っています。私たちの使命は、分散型ウェブの長期的な成長に種をまくことです。そして日本の最高の起業家に投資することを約束します」と述べている。

関連ニュース

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fractonとshiftbaseが提携、web3エンジニアと起業家の接点を創出

フラクトンベンチャーズがWeb3.0領域特化型のメディア創刊

メタバースで文化都市開発、「MetaTokyo株式会社」設立

モノバンドル、インキュベーションプログラム「Nethergate」参加者募集

参考:フラクトンベンチャーズ

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された