フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業

フラクトンベンチャーズとプロトコルラボが協業へ

国内拠点でweb3インキュベーションプログラムを運営するフラクトンベンチャーズ(Fracton Ventures)と「ファイルコイン(Filecoin)」開発元のプロトコルラボ(Protocol Labs)が協業することを9月26日発表した。

今回の協業はweb3エコシステムを日本でさらに拡大させるための戦略的パートナーシップとのことだ。

プロトコルラボはIPFS(分散型ストレージ)や分散型ファイル共有プロトコルの「ファイルコイン」などを開発する企業だ。なお「ファイルコイン」は年初から比べ現在ストレージ供給者が約7倍に増加していることが9月に発表されている。なお2023年初めには大規模アップグレードが予定されている。

またプロトコルラボは、フラクトンベンチャーズが9月に開催終了した「Fracton Incubation 2022 powered by bitbank」ではゴールドスポンサーとして参加し、参加者への特別講義やメンタリングを実施していた。

今回の協業へ向けてフラクトンベンチャーズのルベン・アメニョグボ(Ruben Amenyogbo)氏は「日本にはweb3エコシステム拡大の大きな可能性があり、プロトコルラボと共にこのエコシステムを構築することに大きな関心と構想を持っています。私たちの使命は、分散型ウェブの長期的な成長に種をまくことです。そして日本の最高の起業家に投資することを約束します」と述べている。

関連ニュース

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fractonとshiftbaseが提携、web3エンジニアと起業家の接点を創出

フラクトンベンチャーズがWeb3.0領域特化型のメディア創刊

メタバースで文化都市開発、「MetaTokyo株式会社」設立

モノバンドル、インキュベーションプログラム「Nethergate」参加者募集

参考:フラクトンベンチャーズ

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み