デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall 開催

デジタルガレージとDG Labが、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall(NCC TOKYO 2022 Fall)」を11月4日に開催することを発表した。参加費は無料で、事前登録制となる。

このカンファレンスは、web3も含めた、最先端のインターネット技術やその周辺で生まれるビジネスに関心を持つ方々を対象としたもの。デジタルガレージ共同創業者の林郁氏と伊藤穰一氏がホストとなり、国内外の有識者とともに議論をしながら理解を深めるイベントだ。

2005年の初開催から23回目の開催となる今回の「NCC TOKYO」は、「Designing Our New Digital Architecture」がテーマ。世界中で誕生している次世代テクノロジーを俯瞰しながら、それぞれの分野のパイオニアとの議論を通じて、今後の「Digital Architecture」について考えてくという内容だ。

(C)デジタルガレージ

すべての人々の平等、多様性、繁栄、持続可能性といった、これからのグローバル社会での価値観を踏まえ、どのようにデザインするべきか。今まで、Webの世界を作りあげてきた国内外の有識者と、“Join”する参加者とともに、“New Digital Architecture”についてさまざまな視点から掘り下げていく場にしていくとのこと。

メインゲストとして、サイバー法の権威でクリエイティブ・コモンズの創設者であるLawrence Lessig氏(ハーバード・ロー・スクール教授)、NFTアーティストとして第一線で活躍しているPplpleasr氏、MIT Space Exploration Initiative(MITメディアラボ 宇宙探査イニシアチブ)の創業者兼ディレクターで宇宙建築プロジェクトなどを手掛けるAriel Ekblaw氏、先日デジタル大臣に就任し話題となった河野太郎氏らが登壇する。

また「NCC 2022 TOKYO Fall」開催の11月4日午後には、デジタルガレージが手がける、web3で次世代のビジネスに挑戦するグローバルインキュベーションプログラム「onlab web3」に参画するスタートアップ・プロジェクトによる「プレゼンテーション/受賞式」も同日開催される。

「THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2022 Fall」開催概要

・日時:2022年11月4日(金)13:00~17:30
・主催:株式会社デジタルガレージ
・共催:DG Lab
・開催形式:オンライン配信とリアル会場を組み合わせたハイブリッド形式
・参加費:無料(事前登録制)
・ホスト:
林郁氏(デジタルガレージ代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO 株式会社カカクコム取締役会長)
伊藤穰一氏(デジタルガレージ取締役 兼 専務執行役員Chief Architect)
・オフィシャルサイト:https://ncc.garage.co.jp/2022fall/

<主なスピーカー>
Lawrence Lessig氏 ハーバード・ロー・スクール教授 
Pplpleasr氏 デジタルアーティスト
Ariel Ekblaw氏 Aurelia Institute 創業CEO / MIT Space Exploration Initiative ディレクター 
Kim Polese氏 CrowdSmart会長
長谷部健 氏 渋谷区長
スプツニ子!氏 アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授
原麻由美氏 フレームダブルオー株式会社CEO
※変更となる場合がございます。最新情報はオフィシャルサイトをご確認ください。

→申し込みはこちらから

「onlab web3 プレゼンテーション/受賞式」開催概要

日時: 11月4日(金)9:30〜11:30
開催形式:オンライン配信とリアル会場を組み合わせたハイブリッド形式
主催: Open Network Lab
オフィシャルサイト:https://onlab.jp/web3/

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した