イーサリアムへのアップデート(Constantinople/St. Petersburg)無事完了、フェイスブックがステーブルコインを発行予定かとの報道などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

イーサリアムがコンスタンチノープル(Constantinople)とセントピーターズバーグ(St. Petersburg)へのアップデートが無事完了

・日本時間3月1日の午前4時57分ごろ、イーサリアムの大型ハードフォークのコンスタンチノープルとセントピーターズバークが2つ同時に行われ、予定通り728万ブロックに到達して成功

・BCHの時のように、政治的論争はなく、今回のハードフォークは順調に終わって、POWからPOSへの移行へさらに近づいた

フェイスブックが複数の法定通貨に裏付けされたステーブルコインを発行予定との報道

・Facebookが自社メッセージアプリ「Whatsup」などで利用可能なステーブルコインを開発中であり仮想通貨取引所と交渉をしていることが、米ニューヨークタイムズの匿名の関係者への取材で明らかになった

・同関係者は、Facebookのコインはアメリカドルだけではなくて複数の国の通貨に価値を裏付けされたバスケット通貨として機能させるとも話しているようだ

ブロックチェーン開発者コミュニティのための活動についてHashHubとFressetsとChaintopeが連携し、GBECで共同活動

・コミュニティ運営やブロックチェーン人材育成を行ってきたHashHubと、事業者向け仮想通貨ウォレット管理システムを開発するFressets、及びプロトコルレイヤーに関して高い技術力を誇るChaintopeの3社が国内のブロックチェーンエンジニアの育成及び社会に価値のあるブロックチェーン関連プロダクトを業界から生み出すための基盤づくりを目指し、連携することを合意

・GBEC(Go Blockchain Engineering Community)というプロトコルレイヤーを含むコアな技術に関心を持ちながら、ブロックチェーンから社会的価値のあるプロダクトを生み出すことを両軸で考えることを目的にした開発者コミュニティを通じて共同活動していく

・具体的にはGBECで現在Chaintopeが公開しているブロックチェーン技術解説動画に、HashHubとFressetsが共同で運営するエンジニアブログを加え、プロトコルレイヤーを含む先端技術に関するコンテンツを拡充していく。オンラインコミュニティでの知見共有や開発イベント、ハッカソンの開催等を行い、東京だけに留まらないコミュニティ運営を実施。新しいGBECのスタートに伴い3月14日にイベントをHashHubで開催する

仮想通貨マイニングツールを提供する「Coinhive」がサービス終了へ

・仮想通貨マイニングツール「Coinhive」が3月8日にサービスを中止することをHPにて発表

・Coinhiveは、サイトの運営者が自身のサイト訪問者に仮想通貨をマイニングさせることで、収益を得るサービス ・仮想通貨市場の大暴落とマイニングの報酬となる「モネロ」のハッシュレートが落ちたことが中止の原因とされる

過去に現金ばら撒きで話題になった香港のビットコイン億万長者が仮想通貨(FileCoin)のマイニング詐欺で逮捕

・昨年12月に香港の高層ビルから現金をばら撒きFacebook Liveで配信したBTC億万長者のウォン・チンキット氏が、仮想通貨マイニング詐欺で逮捕されたことをサウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じる

・その報道によるとチンキット氏は、一般の投資家に対して仮想通貨FileCoinのマイニングマシンを販売する際に「3ヵ月あれば利益を得ることができる」と誤解させたと告発されている。また同氏にはマネーロンダリングの疑惑もかかっている

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。