イーサリアムへのアップデート(Constantinople/St. Petersburg)無事完了、フェイスブックがステーブルコインを発行予定かとの報道などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

イーサリアムがコンスタンチノープル(Constantinople)とセントピーターズバーグ(St. Petersburg)へのアップデートが無事完了

・日本時間3月1日の午前4時57分ごろ、イーサリアムの大型ハードフォークのコンスタンチノープルとセントピーターズバークが2つ同時に行われ、予定通り728万ブロックに到達して成功

・BCHの時のように、政治的論争はなく、今回のハードフォークは順調に終わって、POWからPOSへの移行へさらに近づいた

フェイスブックが複数の法定通貨に裏付けされたステーブルコインを発行予定との報道

・Facebookが自社メッセージアプリ「Whatsup」などで利用可能なステーブルコインを開発中であり仮想通貨取引所と交渉をしていることが、米ニューヨークタイムズの匿名の関係者への取材で明らかになった

・同関係者は、Facebookのコインはアメリカドルだけではなくて複数の国の通貨に価値を裏付けされたバスケット通貨として機能させるとも話しているようだ

ブロックチェーン開発者コミュニティのための活動についてHashHubとFressetsとChaintopeが連携し、GBECで共同活動

・コミュニティ運営やブロックチェーン人材育成を行ってきたHashHubと、事業者向け仮想通貨ウォレット管理システムを開発するFressets、及びプロトコルレイヤーに関して高い技術力を誇るChaintopeの3社が国内のブロックチェーンエンジニアの育成及び社会に価値のあるブロックチェーン関連プロダクトを業界から生み出すための基盤づくりを目指し、連携することを合意

・GBEC(Go Blockchain Engineering Community)というプロトコルレイヤーを含むコアな技術に関心を持ちながら、ブロックチェーンから社会的価値のあるプロダクトを生み出すことを両軸で考えることを目的にした開発者コミュニティを通じて共同活動していく

・具体的にはGBECで現在Chaintopeが公開しているブロックチェーン技術解説動画に、HashHubとFressetsが共同で運営するエンジニアブログを加え、プロトコルレイヤーを含む先端技術に関するコンテンツを拡充していく。オンラインコミュニティでの知見共有や開発イベント、ハッカソンの開催等を行い、東京だけに留まらないコミュニティ運営を実施。新しいGBECのスタートに伴い3月14日にイベントをHashHubで開催する

仮想通貨マイニングツールを提供する「Coinhive」がサービス終了へ

・仮想通貨マイニングツール「Coinhive」が3月8日にサービスを中止することをHPにて発表

・Coinhiveは、サイトの運営者が自身のサイト訪問者に仮想通貨をマイニングさせることで、収益を得るサービス ・仮想通貨市場の大暴落とマイニングの報酬となる「モネロ」のハッシュレートが落ちたことが中止の原因とされる

過去に現金ばら撒きで話題になった香港のビットコイン億万長者が仮想通貨(FileCoin)のマイニング詐欺で逮捕

・昨年12月に香港の高層ビルから現金をばら撒きFacebook Liveで配信したBTC億万長者のウォン・チンキット氏が、仮想通貨マイニング詐欺で逮捕されたことをサウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じる

・その報道によるとチンキット氏は、一般の投資家に対して仮想通貨FileCoinのマイニングマシンを販売する際に「3ヵ月あれば利益を得ることができる」と誤解させたと告発されている。また同氏にはマネーロンダリングの疑惑もかかっている

※詳しくいニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastでも配信

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にニュースをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

images:iStock /artsstock

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。