【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

「zkRollup」はゼロ知識証明に基づくソリューションで、イーサリアム(Ethereum)のスケーリング技術として注目されている。なおゼロ知識証明は「ブロックチェーン基盤のネットワークで一度に処理できるデータ量の制限」や「本来、秘匿化が必要な情報が公開されてしまう状態」などの課題を解決できうる技術である。

今回の業務提携により両社は「zkRollupのプロトコル」の開発を推進し、機密情報の保護と検算の高速化を両立させる分散型アプリケーションレイヤーを開発していくとのことだ。

また両社は業務提携の最大の目的として、「zkRollup」がハードウェア領域においても重要な技術になることに備えて、ソフトウェアとハードウェア領域を横断・包括する協業プロジェクトを生み出していくと説明している。

ちなみに「Ryodan Systems」は以前より「Intmax Rollup」というソリューションを開発してきた。

「Intmax Rollup」はブロックチェーンの取引履歴の検証プロセスの大部分をオフチェーン上(レイヤー2)で実行することで、高いセキュリティレベルを実現すると共に、従来のzkRollupと比して、95%以上の計算コストの削減を実現しているという。

追記:8月12日12時00分

Ryodan SystemsのCEO日置玲於奈氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、Ryodan SystemsのCEOである日置玲於奈氏へ取材を行った。

−−パブリックブロックチェーンに「Intmax Rollup」が適応されたあと、企業や個人の経済経済活動にはどのような変化が生じると考えていますか?

今までクリプト開発者に集中していたEthereum/クリプトの金融に関する機能や利益を、業界外のスタートアップや多くのプロジェクトが受けることができるようになります。


デザイン:一本寿和
images:iStocks/TaiChesco・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ