国際ブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo 2018」開催!メディアパートナー「あたらしい経済」読者へのお得な特典情報も!

国際ブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo 2018」開催!

日本初開催の国際ブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo」が2018年11月19日、20日に東京・日比谷で開催されます。

このカンファレンスでは「Etherum Fundation」や「OmiseGo」をはじめとする海外ブロックチェーン領域の最先端プロジェクトが東京に集結します。

NodeTokyo 2018 参加プロジェクト一覧   

「あたらしい経済」読者特典!チケットが「半額」or「無料」

「あたらしい経済」は「NodeTokyo」の公式メディアパートナーになりました。
そしてこの度「NodeTokyo」運営さんより「あたらしい経済」読者に向けた特典をいただきました。以下のリンクよりお申し込みいただくと、一般チケットは半額に、また開発者および学生チケットは無料になります。ぜひともご関心がある方はこのチャンスにご参加下さい!

「あたらしい経済」読者向け特典内容
Genelal/一般チケット 18000円→9000円
Developer/開発者 4500円→0円
Student/学生 2500円→0円

「あたらしい経済」読者枠からの応募はこちら
https://www.eventbrite.com/e/nodetokyo-2018-tickets-51939131340?discount=partner_neweconomy

(上記のリンクから必ずチケット申し込みに進んでください。一旦ページを途中で閉じると特典が無効になりますのでご了承ください)

チケットの種類について

  • General / 一般
    ・I11月19-20日の全てのセッション、ランチ、コーヒー、アフターパーティが含まれます
  • Enterprise / エンタープライズ
    ・全てのアクセスに加え、事後報告イベントレポートをご提供します
    ・ビジネスマッチングエリアへのアクセス
  • Developer / 開発者
    (アクティブなGitHubアカウントをお持ちの開発者の方限定の特別招待チケット)
    ・2日間通して来場可能な方を優先させて頂きます
    ・ 前日18日午後に予定するDevワークショップの参加権を含みます
    ・ランチ・アフターパーティは含まれません
  • Student / 学生
    (学校発行のメールアドレスをお持ちの方限定の特別招待チケット)
    ・2日間通して来場可能でブロックチェーンに関心の高い方を優先させて頂きます
    ・前日18日午後に予定するDevワークショップの参加権を含みます
    ・ランチ・アフターパーティは含まれません

・「あたらしい経済」読者枠からの応募はこちら
https://www.eventbrite.com/e/nodetokyo-2018-tickets-51939131340?discount=partner_neweconomy

・「NodeTokyo公式サイト」
https://nodetokyo.jp/
(こちらの公式サイトからお申し込みになると読者特典がありませんのでご注意ください)

English here!

International blockchain conference “NodeTokyo” will be held in Tokyo on November 19th and 20th, 2018. In this conference, the most advanced projects in overseas blockchain areas including “Etherum Fundation” and “Omise Go” will be gathered in Tokyo.

 “NewEconomy” has become an official media partner of “NodeTokyo”. And this time, “NodeTokyo” management received Benefits for “NewEconomy” reader.

If you apply from the link below, general tickets will be half price. Tickets for developers and students are free.

Please join this opportunity if you are interested!

↓Reader benefit application from here↓
https://www.eventbrite.com/e/nodetokyo-2018-tickets-51939131340?discount=partner_neweconomy

 

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

MUFGが独自デジタル通貨を20年下期に発行か、シンガポール通貨庁がJP MorganのBC活用のマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJが独自デジタル通貨「coin」を2020年下期に発行か、シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表、コインチェックがBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始へ、(担当者取材コメントあり)メタップスアルファが世界初となるクレジットカードを用いた⽇本円によるデジタルアイテム(NFT)の決済機能をリリース、米国SECとCFTCがトークン化株式投資プラットフォームAbraを摘発

シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表

シンガポール通貨庁(MAS)がマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテストを成功させたことを発表した。このプロトタイプは中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に焦点を当てて始まった一連の実証実験「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の第5段階だ。このプロジェクトは、シンガポール通貨庁、JPMorgan、Accentureで行われた。

G20がデジタル通貨容認し10月に規制論議を本格化か、イーサリアム2.0ローンチが21年に持ち越しか、Coinbaseが米国シークレットサービスへBC分析ソフト提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

G20がデジタル通貨を事実上容認し10月には規制論議が本格化か、イーサリアム(Ethereum)2.0のローンチが2021年に持ち越しか、Coinbase(コインベースが)がU.S.Secret Service(米国シークレットサービス)へブロックチェーン分析ソフトを4年契約18万3750ドルで提供、フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)がブロックチェーンサプライチェーンのトレーサビリティプラットフォーム「Hypertrust X-Chain(ハイパートラストエックスチェーン)」を臨床試験プロジェクト「myvac(マイヴァク」に組み込んだことを発表。