セルシウス、チャプター11申請検討か=報道

セルシウスがチャプター11申請検討か=報道

暗号資産レンディング企業のセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)が、担当弁護士から米国連邦破産法第11条(Chapter11)の適用を申請を促されていると、6月27日「The Block」が報じた。米国連邦破産法第11条は、再建型の企業倒産処理を規定した条項で、日本の民事再生法に類似したものだ。

なおこの弁護士らの提案に対し、セルシウスの幹部らは反対しているとも報じされている。

セルシウスは6月12日に、暗号資産の価格が暴落している市場状況を理由に、出金、送金、スワップ機能を一時停止した。そこから同社が財政難に陥る危機的な状況なのではと報じられていた。

なお現在、セルシウスをめぐって、シティグループやゴールドマンサックスらも動きを見せている。シティグループはアドバイザーをセルシウスに派遣し、ゴールドマンサックスはセルシウスが持つ資産を購入するために投資家から資金調達していると報じられている。


参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/taa22

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored