イーサリアム、テストネット「Ropsten」でPoS移行に成功

テストネット「Ropsten」でPoS移行に成功

イーサリアムのテストネット「ロプステンテストネット(Ropsten Testnet)」が、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する「The Merge」 に、6月8日成功した。

この移行はイーサリアム・メインネットのPoSに移行するための大型アップグレードに向けたものだ。

今回のロプステンでの「The Merge」の実行は、イーサリアムのノードを使用するクライアントソフトウェアが不具合なく動作するかどうかを確認することが主な目的だった。

なおイーサリアムのノードを利用しているクライアントソフトウェアとして、ライトハウス(Lighthouse)、ロデスター(Lodestar)、プリズム(Prysm)、テク(Teku)、ベス(Besu)、エリゴン(Erigon)、go-ethereum(geth)、ニザーマインド(Nethermind)らが、今回の「ロプステン」のPoS移行に関わった。

今年中に「ロプステン」と同様の移行プロセスがイーサリアムのメインネットでも予定されているが、まだ移行日は明確に決まっていない。

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリク・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、この移行に関して「もちろん移行したPoSチェーンが、この6時間うまく稼働しているからといって、成功した証拠にはなりません。MEV(フロントランニングの問題)やステーキングの集中化、DOS攻撃に対する保護など長期的な問題があり、移行作業中の2分ではなく、移行後の3週間後に発生する可能性があります」と指摘した。

なおDeFi(分散型金融)のレンディングプロトコルであるアーベ(Aave)は、PoSチェーンの「ロプステン」に対応したことをツイートで明かした。ユーザーはアーベのサイト上で「テストネットモード」へ切り替えれば、利用できる。

ちなみにイーサリアム財団は、今年3月にイーサリアムのテストネットである「キルン(Kiln)」を立ち上げ、同テストネットで移行作業を実施し「ロプステン」での移行の準備を進めていた。

参考:Ethereum
images:iStocks/dalebor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。