藤原カムイのメタバース「ランドNFT」、DEAが発売へ

藤原カムイ氏デザインの「ランドNFT」発売へ

ブロックチェーンゲームを手がけるDigital Entertainment Asset(デジタルエンターテインメントアセット:DEA)が、同社のメタバースプロジェクト「PlayMining Verse(プレイマイニングバース)」の第1弾として、漫画家藤原カムイ氏がデザインを手がけた「Fujiwara Kamui Verse」の「ランドNFT」の発売を発表した。4月27日から販売となる。

なお藤原カムイ氏は『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章』(原作・設定・川俣千秋)、『精霊の守り人』(原作・上橋菜穂子)などを手掛けた漫画家だ。

今回発売される「ランドNFT」は、「Fujiwara Kamui Verse」の世界を1万分割した、メタバース空間上の土地区画とのこと。

今後「Fujiwara Kamui Verse」ではメタバース空間上で、アバター同士によるコミュニケーションや、土地所有、家や商店の建設など、様々な活動が可能になるとのことで、今年の冬に公開予定だという。

「ランドNFT」の保有者は「Fujiwara Kamui Verse」の国民となり、今後、国の発展のための様々な活動や意思決定に参加できるとのことだ。

「Fujiwara Kamui Verse」の「ランドNFT」販売は、特設サイトで4月27日13時よりブラインドオークション形式にて1,000DEAPcoin(約3,500円:4/20コインマーケットキャップ調べ)の開始価格で販売される予定だ。販売数は100枚限定でそのうち1部については、ホワイトリスト販売に割り当てられるという。なお特設サイトについては、販売開始日時と同時に公開されるようだ。

また「ランドNFT」の発売に先駆け、「Fujiwara Kamui Verse」の世界観の基になっている、藤原カムイ氏による漫画作品が初公開されているとのことだ。

DEAは東証マザーズ上場企業の株式会社イオレ取締役会長を務める吉田直人氏と山田耕三氏が創業者兼CEOの企業。

これまでDEAは「Play to Earn」をコンセプトとするGameFiプラットフォーム「PlayMining」を立ち上げており、カードバトルゲーム「JobTribes」や「Lucky Farmer」、NFTマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」、「BNB Chain」上のNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT Premier」を提供している。

また「PlayMining」上で使用されるユーティリティトークンのディープコインは、今年1月より国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイント(BITPOINT)でも取り扱いが開始している。海外取引所ではビットトレックス(Bittrex)やホットビット(Hotbit)、ゲート(Gate.io)など、分散型取引所(DEX)ではユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)で取り扱われている。

関連ニュース

DEAとアスター(ASTR)が提携、GameFiコンテンツ拡大に向け

DEA、バイナンスBNB Chain上にNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT Premier」開設

取材追記】国内初、ビットポイントでDEAのディープコイン(DEP)上場へ

【取材】GameFi事業のDEA、約14億円の資金調達実施

DEA社、漫画『ブラックジャックによろしく』NFT販売

参考:DEA

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した