米コインベース、ヘッジファンドのワンリバーと提携

コインベースがワンリバーと提携

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、米ヘッジファンド運用会社のワンリバー(OneRiver Digital Assessment Management)と提携したことが2月11日分かった。

今回の提携によりコインベースは、暗号資産取引およびカストディサービスをワンリバーへ提供したとのこと。

これにより暗号資産へ投資が可能なワンリバーのSMAプラットフォーム「ワン・デジタルSMA(ONE Digital SMA)」を、ウェルス・マネージャー(富裕層の資産管理・運用業務者)に提供することが可能になったとのことだ。SMAとはラップ口座のことで、金融機関が顧客の資金を預かり、有価証券に関する運用と管理を行うサービスだ。

コインベースは今回の提携について「投資家は高品質で多様なデジタル投資戦略へのエクスポージャーをますます求めています」とし、「その期待に応えるため機関投資家は、洗練されたツールや取引機能を武器に、迅速に行動する必要があります」と発表にて説明している。

また発表によると「ワン・デジタルSMA」は、コインベース(Coinbase)の機関投資家向けサービス「コインベースプライム(Coinbase Prime)」にサポートされているとのことだ。

「コインベースプライム」は、取引とカストディサービスを融合させた金融機関、機関投資家、暗号資産投資をする企業向けに昨年9月リリースされたサービスだ。

このサービスは既に、企業としてビットコインの購入を積極的に進めているマイクロストラテジー(MicroStrategy)や香港の画像加工ソフト開発企業のメイツ(Meitu・美図)などが暗号資産投資の際に利用しているとのことだ。

関連ニュース

米コインベース、機関投資家向け「Coinbase Prime」正式版リリース

コインベース、機関投資家向け「Coinbase Prime」のベータ版リリース

【10分解説】企業のビットコイン市場への参入加速か? コインベースPrimeとは?

参考:コインベース 
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studioartacet・metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored