米コインベース、ペットコミュニティのPawtocol(UPI)上場

米コインベースでPawtocol上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産ポートコル:Pawtocol(UPI)が上場することが2月8日分かった。

コインベースでの新規銘柄の上場発表は、2月3日に上場したアベンタス:Aventus(AVT)、レンダートークン:Render Token(RNDR:レンダー)、クオントスタンプ:Quantstamp(QSP)の3銘柄に続くものとなる。

「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:旧Coinbase Pro)」でのUPI取引は流動性条件が満たされ次第、2月8日9:00(太平洋標準時)以降に開始される予定とのこと。取引ペアについては、UPI-USD、UPI-USDT、UPI-EURとなる。

「Coinbase.com」とモバイルアプリでの取り扱いについては、改めて告知されるとのことだ。

なおUPIの取り扱いは両サービス共に、米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと。なお日本は対象外だ。

ポートコルはブロックチェーン、AI、IoT技術を活用して、ペットに関するデータを収益化するグローバルオンラインコミュニティだ。

ペットの飼い主や獣医師、メーカー及び小売業者とデータを共有できるエコシステムを構築することで、飼い主の購入体験を改善し、獣医師がより良いケアを提供できるようにすることを目指している。具体的には、獣医の請求書や小売業者にUPIで支払うことができる。またポートコルではペット関連のNFTを発行する為のNFTマーケットプレイスを運営している。

なおポートコルのネイティブトークンであるUPIは、ERC-20規格となっている。

現在UPIは、分散型取引所(DEX)ユニスワップV2(Uniswap V2)で取り扱われている。時価総額は約40億円となっている(2/8 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースにAventus(AVT)、Render Token(RNDR)、Quantstamp(QSP)上場へ

米コインベース、ソラナ関連銘柄のBonfida (FIDA)とOrca(ORCA)上場へ

米コインベース、CTX、DIA、MPL、PLU、UNFIが新規上場へ

米コインベースにShping Coin(SHPING)上場

米コインベースにStacks(STX)上場

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。