エルサルバドルがビットコイン追加購入、保有総数1391BTCに

エルサルバドルがビットコイン追加購入

エルサルバドル政府が、ビットコイン21BTCを現地時間12月21日に追加購入したことが分かった。エルサルバドルのナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領が自身のツイッターで明かした。

エルサルバドルは前回、今月4日にビットコインの追加購入を行っており、その際は価格急落に合わせた押し目買いとして150BTCを購入していた。

今回エルサルバドルがビットコインを追加購入したのは価格変動などの理由はなく、「21」の数字に関連し購入したことが分かっている。

ブケレ大統領によると、エルサルバドルの国家面積が21,000キロ平方メートルであることとビットコインの総発行枚数が2,100万BTCであることを関連付け、12月21日が「21世紀2021年で最後の21日」であることから21BTCの購入に至ったとのことだ。

ブケレ大統領は以上の理由から、現地時間で12月21日21時21分21秒にあわせ21BTCを購入し、その報告を自身のツイッターにて行っている。

なお今回の追加購入により、エルサルバドルのビットコイン合計保有額は1,391BTCとなっている。

同国はこれまで9月6日に400BTCを購入し、その後7日間で150BTCを追加購入。そして9月20日と10月28日にはそれぞれ150BTCと420BTCを購入している。また11月27日には100BTC、12月4日には150BTCを追加購入している。

関連ニュース

エルサルバドル、価格急落にあわせビットコインを追加購入 

エルサルバドルがビットコインを追加購入、保有計1220BTCに 

エルサルバドルがビットコインを追加購入、保有計1120BTCに 

参考:ブケレ氏Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Mo-Semsem

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。