DMM Bitcoin、テゾス(XTZ)とエンジン(ENJ)のレバレッジ取引開始

DMM Bitcoin、XTZ、ENJのレバレッジ取引開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinのレバレッジ取引において、新たにテゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)が取り扱われることが12月15日分かった。

発表によると両暗号資産のレバレッジ取引は、12月22日18:00より開始される予定となっている。なおDMM Bitcoinの現物取引では、現在この2銘柄の取り扱いはなく、レバレッジ取引での取り扱いが先行する。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、クアンタム(QTUM)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)にテゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)が加わり、合計14銘柄が利用可能となる予定だ。

なおDMM Bitcoinの現物取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)の合計6銘柄の取り扱われている。

関連ニュース

DMM Bitcoin、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラルーメンの現物取引開始

取材】ビットポイントジャパン、「レバレッジ取引サービス」終了へ(代表取締役社長 小田玄紀氏へインタビュー)

GMOコインがビットコインのレバレッジ取引で国内初のマイナス手数料を導入

参考:DMM Bitcoin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達