DMM Bitcoin、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラルーメンの現物取引開始

DMM Bitcoin、BCH、LTC、XLMの現物取引開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM Bitcoinが、現物取引において新たにビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)の取り扱いを9月15日より開始した。

この3銘柄は今まで同取引所のレバレッジ取引にて取り扱いのあった暗号資産だ。

これによりDMM Bitcoinの現物取引ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XLM(ステラルーメン)の合計6銘柄が利用可能となった。

なおDMM Bitcoinではレバレッジ取引にて、ネム(XEM)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、オーエムジー(OMG)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いも行っている。

参考:DMM Bitcoin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後