VTuber「キズナアイ」初NFT、「Metaani」とコラボで販売へ

「キズナアイ」初NFT、「Metaani」とコラボで販売へ

バーチャルYouTuberの「キズナアイ」が、初の公式NFTを9月18日に販売することが分かった。

クリプトアートプロジェクト「Metaani」とのコラボにより製作されたNFTが、オープンシー(OpenSea)にて200個限定、各0.3ETHで18日19時より販売される予定とのこと。キズナアイは今年6月にNFTプロジェクトを始動することを発表していたが、その詳細が明らかになった。

また今回の販売に合わせ、限定200個の内1つをエアドロップにて抽選で1名に配布するキャンペーンも実施される。エアドロップの詳細は後日「Metaani」の公式ツイッターで告知される予定だ。

ちなみに「Metaani」はVRクリエイターのMISOSHITA氏とクリプトアート展示会Crypto Art Fesを開催したmekezzo氏とによって立ち上げられたクリプトアートプロジェクトである。

今回のコラボNFTは、11種類の「Metaani」のボディ全てにキズナアイの「ぴょこぴょこ(ハート型カチューシャ)」がデザインされており、背中にはキズナアイの公式Youtubeチャンネル「A.I.Channel」で動画投稿した際に使用された歴代のサムネイル画像の内200種類起用されているとのことだ。

また販売されるNFTは、今後「Metaani」が創る3D空間やその他の3D空間でも、VRアバターとして利用可能とのことだ。

・NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」は代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには注意が必要だ。

参考:プレスリリース

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。