JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

「F.C.大阪」クラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、JFL(日本フットボールリーグ)に所属するプロサッカークラブ「F.C.大阪」のクラブトークン発行と販売の開始が11月8日発表された。

「F.C.大阪」は東大阪市をホームタウンとし、J3ライセンスも交付されているサッカークラブだ。大阪から3クラブ目のJリーグ加盟を目指しており、また「東大阪まちごとスタジアム構想」を社会連携ビジョンに掲げている。

なお「東大阪まちごとスタジアム構想」とは、サッカーのスタジアムだけではなく街全体をスタジアムと捉え、多種多様なプレイヤー(企業・事業者・団体)をクラブが繋ぎ合わせ、様々なチームを組むことで地域活性化実現に向けて一体となって取り組んでいく構想だ。

今回FiNANCiE上で発行されるクラブトークンは「F.C.大阪トークン」として販売されるとのこと。販売売上は主に「東大阪まちごとスタジアム構想」のプロジェクト実行費の他、「F.C.大阪」の運営費、強化費へも利用されるとのこと。

「F.C.大阪トークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「グッズデザインの投票」や「横断幕メッセージの投票」、「まちの魅力コンテスト」、抽選特典案として「ピッチサイド見学」や「記念コレクションの抽選」、「まちスタ会議(クラブスタッフと地域活性化について意見交換)への参加」などがある。

トークンの初回販売期間は12月8日11時から2022年1月30日21時の予定だ。

なお販売額が10,000ptのものから限定数の200,000ptのものまで5パターンの販売メニューがあり、それぞれで獲得できるトークンと特定が異なる。販売額300,000ptのメニューでは、投票企画・抽選応募への参加や初期サポーター記念コレクション005に加え、ホーム年間入場券(1試合あたり4名様分)、選手との交流機会の提供も得られるようだ。なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

あたらしい経済編集部は今回の取り組みに関して「F.C.大阪」より以下のコメントを得た。

『今回のトークン発行は、トークンホルダーの皆様にも「東大阪まちごとスタジアム構想」にプレイヤーとして関わっていただくことで、サッカーを通じた地域課題解決をより充実したプロジェクトにしていくことを目的としております。これからのスポーツクラブの新しい形に挑戦していく所存です。共に楽しみながら大阪を盛り上げていけたらと思います』

関連ニュース

兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行

地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行

サッカークラブ「SS伊豆」、FiNANCiEでクラブトークン発行

プロダンスチーム「SEPTENI RAPTURES」がFiNANCiEでクラブトークン発行

関東サッカーリーグ1部「栃木シティ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。