地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行

「九州アジアプロ野球機構」トークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、地域プロ野球リーグを運営する「九州アジアプロ野球機構(KAL)」のトークン発行と販売開始が11月25日分かった。

「九州アジアプロ野球機構」は2020年に九州初の地域プロ野球リーグとして誕生した団体だ。初年度は火の国サラマンダーズ、大分-Bリングスの2球団でリーグをスタート。2022年度からは福岡北九州フェニックスが加盟し、翌シーズンからは3球団でリーグ公式戦を行う。

なお福岡北九州フェニックスでは、「FiNANCiE」において初の野球チームとしてファントークンを7月に発行している。

今回「FiNANCiE」上で発行されるトークンは「KALトークン」として販売される。販売売上は主に「九州アジアリーグ」の発展に向けての取り組みに使用されるとのこと。

また「KALトークン」購入者は特典として、リーグ発の投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「SDGs活動企画投票」や「KAL PRレディ選考投票」、「KAL応援グッズのデザイン案」、抽選特典案として「2022シーズン開幕戦チケットプレゼント」や「2022シーズン個人表彰式会場への招待チケットプレゼント」、「KALトークンLIVEスタジオへの招待+フリードリンク付き」が挙がっている。

「KALトークン」の販売実施期間は11月25日11:00~2022年1月13日23:59の予定となっている。

関連ニュース

堀江貴文氏創立の「福岡北九州フェニックス」、FiNANCiEでトークン発行

サッカークラブ「SS伊豆」、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/4話題】米国規制委員会トップが暗号資産規制強化の方針、ALISがミンカブ子会社になど(音声ニュース)

米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針、岸田首相「web3サービス利用拡大」言及、臨時国会の所信表明演説で、【取材】Synamon、NFT対応のメタバースプラットフォーム「SYNMN」オープンβ版提供、web3ブログサービス「ALIS」、ミンカブの完全子会社に、PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携、キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業、米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で、バイナンス、カザフスタンと暗号資産市場の発展支援で覚書締結、FTXグローバル、独自のドルインデックス「FTXDXY」を無期限先物で提供開始、ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資

Sponsored

キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業

著名投資家のキャッシー・ウッド(Cathy Wood)氏率いるアークインベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)が、暗号資産の個別運用口座(Separately Managed Account:SMA)プラットフォームの大手であるイーグルブルーク・アドバイザーズ(Eaglebrook Advisors)と協業することを10月3日に発表した。SMAとは金融機関が投資家から投資判断に関する一任を受けた上で、投資家の口座において、ポートフォリオの設計から運用に関するアドバイスや売買・管理、アフターフォローまでを一括して提供するサービスのことだ。