JCBとKeychain、NFC活用のオフライン決済ソリューションの実証成功

JCBとKeychain、NFC活用のオフライン決済ソリューションの実証成功

株式会社ジェーシービー(JCB)と合同会社Keychain(キーチェーン)が、NFC(近距離無線通信)を活用したオフライン決済ソリューションのシステム実装と稼働検証を行う実証実験に成功したことを11月29日発表した。店舗決済端末にかざして利用する非接触型決済と同様のユーザビリティを実現できたとのこと。

発表によるとこのシステムにはKeychainが提供する、ブロックチェーン上でデータセキュリティとアイデンティティ基盤を実装できるアプリケーション開発フレームワーク「Keychain Core」が使用されているとのことだ。

このシステムでは、外部の決済処理センターとの通信を必要とせず、デバイス間の相互認証処理やデバイスに近接した上位レイヤーのデバイス(ルーターやサーバーなど)での承認処理により決済を実現するという。オフラインで決済が出来ることから高速処理が可能であるという。

なお実証実験ではIoT端末、スマートフォン、スマートウォッチに、32メガバイト未満のメモリ使用しか行わない新たな決済プロセスアプリを組込み、NFC規格を利用してIoT端末同士の通信を行ったとのことだ。

JCBとKeychainは今年1月、次世代の決済システムソリューションとして、Machine to Machine(M2M)領域におけるマイクロペイメント向け決済インフラに関するソリューションを開発し、実証実験を開始していた。

今後モノとモノがヒトを介さず自動的に契約執行や決済をおこなうM2Mの世界が到来することが予見されている中で、JCBとKeychainは円滑な決済機能の提供により、M2M領域でビジネス化を検討する様々な事業者が自身のサービスに対して課金しマネタイズできるソリューションの実現を目指している。

なお、あたらしい経済編集部は「Keychain Core」で利用できるブロックチェーン基盤についてKeychainに確認を取っているが、記事執筆時で回答が得られなかった。返答があり次第、この記事に追記させて頂く。

関連ニュース

JCBとデータチェーン、異種分散型台帳間の相互接続について共同研究開始

JCBとLayerX、次世代金融とプライバシーに関するコンセプトペーパー発行

JCBとソラミツ、サイバー空間サービスキットを提供へ。エピック・ゲームスのゲームエンジン上で

JCBとカウリーがトークンや他ブロックチェーンとの相互接続の実証実験実施

JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始

参考:Keychain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。