ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ

ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ

ナイジェリア中央銀行が、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)「eナイラ」を10月25日ローンチした。

各国におけるCBDCの運用開始は、昨年10月にローンチされたバハマ中央銀行の「サンドダラー」、カンボジア中央銀行の「バコン」に続き「eナイラ」が3例目となる(すでに運用されているが本格始動ではない中国のデジタル人民元除き)。またアフリカ地域では初のCBDC導入となる。

ナイジェリア国民が「eナイラ」を利用するには、まずウェブサイトからウォレットアプリをダウンロードしKYC(本人確認)情報を登録する必要がある。なおアプリについてはアンドロイド版とiOS版共に用意されているとのこと。またユーザーの口座保有状況や支払い能力によって1日の取引制限などの使用条件が4段階で分けられているという。

また企業による「eナイラ」利用については、ウォレットダウンロードの上、銀行からの招待コードの入力と、KYC情報の登録が必要となるようだ。

関連ニュース

ナイジェリア中央銀行、2021年中にCBDC発行

参考:ナイジェリア中央銀行eナイラ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bodrumsurf・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した