ナイジェリア中央銀行、2021年中にCBDC発行か

ナイジェリア中央銀行、2021年中にCBDC発行か

ナイジェリア中央銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を2021年末までに発行する可能性があると地元メディア「Today」が6月10日報じた。ナイジェリア中央銀行の情報技術スペシャリストであるラキヤ・モハメド(Rakiya Mohammed)氏が銀行委員会にて発言したとのこと。

ラキヤ・モハメド氏は「ナイジェリア中央銀行は2年以上前からCBDCを研究してきていて、この2年間で非常に大きな進展がありました」と説明している。

具体的にナイジェリア中央銀行はCBDCのアーキテクチャ、アクセス性の問題、プライバシーを考慮して研究を重ねてきたとのことだ。

またラキヤ・モハメド氏は「2021年末までにはCBDCをナイジェリア国民に提供できるよう中央銀行は特別な発表を行い、場合によっては事前に試験的なスキームを開始する予定です」と説明している。

参考:TodayGardian
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bodrumsurf・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored