フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ

フェイスブック(Facebook)らが開発する、デジタルウォレットアプリ「Novi」のパイロット版がローンチしたことが10月19日にわかった。

パイロット版「Novi」にて利用可能な通貨は、米パクソス社が開発・運用する米ドルステーブルコイン「USDP」だ。

発表では「USDP」を選定した理由として「3年以上の運用実績があり、規制や消費者保護の面で重要な特性を持つステーブルコインでシステムをテストできるようにするためだ。USDPの準備金は米ドルに完全に裏付けられており、100%現金および現金同等物で保有されている。つまり人々は自分が選んだときに、簡単に自国通貨でお金を引き出すことができるからだ」と説明されている。

またカストディはコインベース(Coinbase)が務めることも明らかになった。

そして今後「Novi」が規制当局の承認を受けることができれば、「Diem」の決済ネットワークに移行する予定とのことだ。

参考:Novi
images:iStocks/Nadore
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored