ロシア財務副大臣「暗号資産購入の禁止予定はない、決済利用は引き続き禁止」

ロシア財務副大臣「暗号資産購入の禁止予定はない、決済利用は引き続き禁止」

ロシアの財務副大臣アレクセイ・モイセエフ氏が、「中国のように市民による暗号資産(仮想通貨)の購入を禁止する予定はない」と述べたことを、現地メディアのインターファックス(Interfax)が10月12日に報じた。

ロシアでは現在国内における暗号資産の取引は認められているものの、暗号資産を使った支払いは禁止されている。

報道によると、モイセエフ氏は記者団に対して、「現時点で市民がロシア国内でウォレットを使用して暗号資産を購入することは可能であり、この状況を変えるつもりはない」と語ったとのことだ。

また、ロシア国内での暗号資産による支払いについては引き続き禁止する意向であることを改めて述べたとのこと。この理由については国が金融のコントロールを失う可能性があるためと説明しているとのことだ。

関連ニュース

プーチン大統領がロシア国内での暗号資産(仮想通貨)支払いを禁止する法案に署名

参考:Interfax
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・muchomor

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。