「アクシー・インフィニティ」開発のスカイメイビス、約166億円資金調達か:報道

「アクシー・インフィニティ」開発スカイメイビス、約166億円を資金調達か

「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を実現する人気NFTゲーム「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」の開発元スカイメイビス(Sky Mavis)が、a16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)などから約1.5億ドル(約166億円)の資金調達を行うと10月4日報じられた。なおこのことはメディア「The Information」が関係者2名から得た情報をもとに報じられたもので、現時点でスカイメイビスは正式発表をしていない。

報道によると、このシリーズBの調達ラウンドはアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が主導するという。また資金調達後のスカイメイビスの企業評価額については、30億ドル(約3,332億円)に達する見込みであるとのことだ。

なおスカイメイビスが前回資金調達をしたのは今年5月。リバタスキャピタル(Libertus Capital)主導のもと、アニモカブランズ(Animoca Brands)、コインゲッコーベンチャーズ(CoinGecko Ventures)、ハッシュド(Hashed)の他、著名投資家であるマーク・キューバン(Mark Cuban)氏、ミスビットコインこと藤本真衣氏ら、多くの投資家が出資に参加。この際のシリーズAでの資金調達額は750万ドル(約8.3億円)だった。

今回スカイメイビスへ出資をすると報じられているa16zは今年8月に、ゲームプレイヤーにNFTを貸し出すサービスを提供するイールド・ギルド・ゲームス(Yield Guild Games:YGG)の460万ドル(約5億円)の資金調達の出資を主導していた。また今年6月にa16zは、ブロックチェーンとデジタルアセットのスタートアップへの投資に特化した22億ドル(約2,400億円)規模のファンドを発表している。

関連ニュース

a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速

参考:The Information
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・urzine

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored