米SEC、4つのビットコインETFの審査期間を延長へ

米SEC、4つのビットコインETFの審査期間を延長へ

米国証券委員会(SEC)が4つのビットコイン ETF(上場投資信託)の上場可否の審査期間延長を9月29日に発表した。

審査期間が延長される4つのETFはグローバル X(Global X)、ヴァルキリー(Valkyrie)、ウィズダムツリー(WisdomTree)、クリプトイン(Kryptoin)のビットコインETFだ。Kryptoin、WisdomTree、Valkyrieは過去に審査期間が延長されている。

グローバル X、ウィズダムツリー、クリプトインのビットコインETFはシカゴ・オプション取引所(Cboe)が運営するBZX取引所でのETF上場を目指しており、ヴァルキリーはナスダック証券取引所での上場を目指している。

新たな審査期限はグローバル X(11月21日)、ヴァルキリー(12月8日)、ウィズダムツリー(12月11日)、クリプトイン(12月24日)となった。

ちなみにSECは9月10日にBitcoin ETF「VanEck Bitcoin Trust」の審査期間延期も発表している。

米国ではビットコインETFの申請数は増加しているが、まだ承認されたETFはない。カナダ、ブラジル、ドバイでは今年、ビットコインETFが承認され、取引開始されている。

そして米国では大手金融機関もビットコインETFの上場を目指して、動き始めている。例えばBNYメロンとグレースケール・インベストメントの提携したことや資産運用会社のフィデリティがSECへビットコインETFの目論見書を提出したことなどが挙げられる。

参考:グローバル X、ヴァルキリー、ウィズダムツリー、クリプトイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Foryou13

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない