バイナンス、オーストラリアのユーザーはKYC必須に

バイナンス、オーストラリアのユーザーはKYCが必須に

バイナンスAU(Binance Australia)の利用において、同国のユーザーはKYC(Know Your Customer)が必要となった。

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がオーストラリアでのセキュリティ要件を9月23日に更新し、KYCを行っていないオーストラリア居住の既存ユーザーは、「引き出し」と「注文キャンセル」以外ができなくなるとのこと。

この処置は発表から10月19日22:00(AEST:オーストラリア東部標準時)まで段階的に行われるとのことだ。各既存ユーザーには別途通知されるという。

なおKYCの確認が取れ次第、現在提供中のサービスにはフルアクセスできるようになる。

またバイナンスAUの新規ユーザーは、サービス利用にあたりKYCは必須となるようだ。 バイナンスAUは今回のセキュリティ要件の更新により、ユーザー保護の強化とグローバルコンプライアンス基準に準拠するとし、今回の判断がKYCおよびAML(Anti-Money Laundering)の取り組みをサポートするためとしている。

バイナンスAUでは21日、規制準拠を目的に先物、オプション、レバレッジトークン取引の提供を終了することを発表していた。現物取引などは引き続き利用可能であるとしていたが、今回KYCを完全導入することになった。

関連ニュース

バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース