バイナンス、オーストラリアのユーザーはKYC必須に

バイナンス、オーストラリアのユーザーはKYCが必須に

バイナンスAU(Binance Australia)の利用において、同国のユーザーはKYC(Know Your Customer)が必要となった。

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がオーストラリアでのセキュリティ要件を9月23日に更新し、KYCを行っていないオーストラリア居住の既存ユーザーは、「引き出し」と「注文キャンセル」以外ができなくなるとのこと。

この処置は発表から10月19日22:00(AEST:オーストラリア東部標準時)まで段階的に行われるとのことだ。各既存ユーザーには別途通知されるという。

なおKYCの確認が取れ次第、現在提供中のサービスにはフルアクセスできるようになる。

またバイナンスAUの新規ユーザーは、サービス利用にあたりKYCは必須となるようだ。 バイナンスAUは今回のセキュリティ要件の更新により、ユーザー保護の強化とグローバルコンプライアンス基準に準拠するとし、今回の判断がKYCおよびAML(Anti-Money Laundering)の取り組みをサポートするためとしている。

バイナンスAUでは21日、規制準拠を目的に先物、オプション、レバレッジトークン取引の提供を終了することを発表していた。現物取引などは引き続き利用可能であるとしていたが、今回KYCを完全導入することになった。

関連ニュース

バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した