マレーシア証券取引所、ブロックチェーンを活用した株券発行の概念実証開始

マレーシア証券取引所、ブロックチェーンを活用した株券発行の概念実証開始

マレーシア証券取引所が、ブロックチェーンを活用した株券発行の概念実証(PoC)の開始を9月14日発表した。その目的は、株券を完全電子化することでペーパーレス環境へ移行し、手作業の依存度を低減することにあるようだ。

なおこの実証は、スマートコントラクト開発言語「DAML(ダムル)」を開発するデジタルアセット(Digital Asset)社と米デル(DELL)の子会社ヴイエムウェア(VMware, Inc)社との提携により実施されるとのこと。

デジタルアセットはこの概念実証に「DAML言語」のプロダクトを提供し、またヴイエムウェアはブロックチェーンプラットフォームを提供するとのことだ。

なおヴイエムウェアはエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「VMwareBlockchain」を昨年11月より提供開始しており、同プラットフォームが企業の分散型アプリケーションの構築および展開を支援することを目的としていること、そして金融業、製造業、小売業、ヘルスケア業界を対象に販売すると当時発表されていることから、今回の概念実証には「VMwareBlockchain」が採用されていることが想定できる。

参考:マレーシア証券取引所
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定