コインベース、幹部らのインサイダー取引疑惑を正式否定

コインベース、幹部らのインサイダー取引疑惑を正式否定

米ナスダック上場企業である暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、一部の報道機関やツイッターアカウントから指摘のあったインサイダー取引疑惑について9月12日正式に否定した。

コインベースは8日に米証券取引委員会(SEC)より「ウェルズ通知」を受け取り、同社が計画中の暗号資産貸付サービスが「有価証券である」との指摘を受けたことを公表していた。

これに際しネットで「コインベースの幹部とインサイダー(組織内部者)がSECからの通知を公表する前に株を売り抜けていたでのはないか」と疑惑が指摘されたが、コインベースはその指摘をしたツイッターアカウント「Bitfinex’ed」のツイートを公式ブログに掲載し、明確に誤りであると否定した。

具体的には指摘を受けた株の販売に関して「SECのファイルにもあるように、これらの販売は事前に承認され、予定された計画の一部である」とし「この計画は9月1日に前述のウェルズ通知を受け取るよりも、前の2021年6月1日に承認されたものだ」とブログで説明している。

関連ニュース

コインベースの暗号資産貸付サービス、米SECが提訴の可能性

コインベースが15億ドル分の社債発行を計画

米コインベース、ビットコインやイーサなど暗号資産を約550億円購入する方針を発表

コインベースが日本で暗号資産取引所サービス開始、三菱UFJ銀行からクイック入金対応

【10分解説】コインベース、ついに日本上陸。会見取材記者が動画で解説

参考:コインベース:Coinbase「FACT CHECK: Coinbase executive share sales」
デザイン:一本寿和
images:iStocks/champc

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定