ダブルジャンプがZ Venture、ビットフライヤー、バンダイナムコから資金調達。NFT市場へ大手ら連携相次ぐ

ダブルジャンプがZ Venture、ビットフライヤー、バンダイナムコから資金調達。

double jump.tokyo株式会社が、Z Venture Capital株式会社、bitFlyer Holdings株式会社、株式会社バンダイナムコエンターテインメント及び株式会社バンダイナムコライブクリエイティブから第三者割当増資を行なったことを9月3日に発表した。

なお金額は不明だ。またdouble jump.tokyoは、bitFlyer HoldingsとNFT関連事業について協業関係を合意したことも発表した。

double jump.tokyoは2018年に設立され、ブロックチェーンゲームの開発運営や開発支援サービスなどを提供している企業だ。同社のブロックチェーンゲーム「My Crypto Heros」は2019年に世界第1位の取引量、ETH売上、DAUを記録した実績がある。

Z Venture Capitalの出資の目的は、Zホールディングスのグループ会社であるLINE株式会社のグループ会社LVC株式会社との連携や「LINE Blockchain」の活用などブロックチェーン領域におけるLINEグループとの協業関係を強化とのこと。

特にZ Venture Capitalはゲーム・エンターテイメント業界におけるブロックチェーン技術を通じた新たな価値体験の提供を目指していくようだ。

また現在double jump.tokyoは株式会社スクウェア・エニックスのIPを用いたNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」で「LINE Blockchain」を採用する予定であり、今後もさらなる連携を深めていくとのことだ。

Z Venture Capital取締役COOの都虎吉氏は今回の出資に関して次のようにコメントしている。

「double jump.tokyoはMy Crypto Heroes をはじめとしたブロックチェーンゲームやNFT の領域で、常に業界をリードしてきました。代表の上野氏をはじめとした優秀なチームが、今後も業界内のステークホルダーをつなぐハブとして活躍していくことを確信し、今回の投資に至りました。

特にNFTの領域は、LVC やヤフーなどZホールディングスが注力している領域でもあるため、Zホールディングスのエコシステムを活用して更なる支援を行ってまいります」

またbitFlyer Holdingsは今回の出資を通じて、暗号資産取引所bitFlyerの顧客基盤を活用したNFT事業提携、各種コンテンツのNFT発行支援、さらにはdouble jump.tokyoのブロックチェーンゲームにおけるエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」の活用検討など、NFT事業に関する幅広い協業関係を構築し、bitFlyerグループとして新たな事業拡大を図っていくことが目的とのことだ。

bitFlyer Holdings代表取締役の林邦良氏は今回への出資に関して次のようにコメントしている。

「暗号資産に続いてブロックチェーンのキラーコンテンツとなったNFTに関して、ブロックチェーンゲームやNFT事業において業界を牽引するdouble jump.tokyoと協業できることを大変嬉しく思います。

bitFlyerグループがNFT関連事業に参入することで、さらにブロックチェーン業界を盛り上げ、お客様にご満足いただけるようなNFT関連サービスをご提供できるよう、総力を挙げて取り組んでまいります」

またバンダイナムコエンターテインメント及びバンダイナムコライブクリエイティブが所属するバンダイナムコグループは、今回の出資を通じて、エンターテインメント領域における新たな価値創造を目指していくことが目的とのこと。

なおバンダイナムコエンターテイメントは主要IPとして、「ドラゴンボール」シリーズ、ワンピース、「たまごっち」シリーズ、「プリキュア」シリーズ、「機動戦士ガンダム」シリーズ、「ウルトラマン」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズなどを取り扱っており、今後の連携が楽しみだ。

現在世界No1のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは8月の流通総額3,650億円を記録した。7月の流通総額は約330億円であり、1ヶ月で約10倍以上の流通総額が増えたことになる。

国内では9月2日に、株式会社ミクシィが「クリプト(暗号資産)×コンテンツ」で様々な事業を創出していくことを主目的に、暗号資産取引所bitbankを運営するビットバンク社へ70億円の出資を行なった。

NFTの世界的な盛り上がりをきっかけに、国内でもコンテンツ企業と暗号資産・ブロックチェーン関連企業の資本提携が加速している。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない