1SEC、スニーカーショップ「atmos」とのコラボNFT販売へ

1SEC、スニーカーショップ「atmos」とのコラボNFT販売へ

株式会社1SEC(ワンセック)が、同社が展開する3DCGを軸にしたデジタルファッションレーベル「1Block」において、ブロックチェーン技術を基盤としたバーチャルランド型プラットフォーム「1Block LAND」の開発を8月24日発表した。

また1SECは「1Block LAND」開発の第一弾として、スニーカーセレクトショップ「atmos」とコラボレーションしたNFTを販売することも併せて発表している。

「1Block LAND」ではPCやスマートフォンのWebブラウザから、バーチャル空間上でブロックチェーン技術を基盤とした新しい体験を気軽に楽しめるとのこと。初期フェーズにおいてはショッピング体験にフォーカスし「1Block LAND」上に建設されたテナント内から、現在開発中のNFTマーケットプレイス「1Block SHOP」へ直接移動し、暗号資産「イーサリアム」並びに、クレジットカードによる商品購入が可能となるようだ。

「1Block LAND」区画のひとつに「atmos」とコラボレーションしたショップを建設し、限定NFTを販売するとしているが、詳細は後日発表するとしている。

1SECは今年4月に日本企業としては初めてデジタルスニーカーの販売を行い、わずか9分で即時完売した。価格は5ETH(約140万円)だった。

1SECはブロックチェーン開発企業であるdouble jump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)株式会社やCryptoGames(クリプトゲームス)株式会社と提携しNFT事業に力を入れている。

関連ニュース

1SECがdouble jump. tokyoとエンタメ分野におけるNFTコンテンツ開発での協業 

日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売

クリプトゲームスが1SECと提携、同日にNFTイラストギャラリー「PROJECT EMOTION」への技術協力も発表 

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている