分散型5Gネットワーク目指すHelium(HNT)、a16zらからトークンセールで約122億円調達

分散型5Gネットワーク目指すHelium(HNT)、a16zらからトークンセールで約122億円調達

IoTへのブロックチェーンの活用を目指すヘリウム(Helium)がトークンセールを行い、1億1100万ドル(約122億円)を調達したことが8月10日に明らかになった。

ヘリウムは2013年に設立された企業であり、2018年にIoTデバイス向けの分散型マシンネットワークを発表しており、独自トークン「HNT」を発行している。現在は誰でも接続可能なホットスポットを10万以上立ち上げ、分散型5Gネットワークの構築を目指している。

今回の資金調達はアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が主導し、他に10T、リビット・キャピタル(Ribbit Capital)、アラメダ・リサーチ(Alameda Research)、マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)が参加したとのこと。

ヘリウムは今回調達した資金を活用して分散型5Gネットワークの拡大を進めるとのことだ。

a16zは今回の投資について以下のようにコメントしている。

「ヘリウムは進化し続けてしており、ゲートウェイとホットスポットから成る5Gセルラーネットワークを展開する道に乗り出しています。私たちは、従来の通信インフラよりも高速かつ資本効率の高い方法で、世界中に包括的な5G接続を提供するヘリウムの可能性に期待しています」

参考:Decrypta16z
images:iStocks/OlgaSalt・BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携