バイナンス USのCEOが辞任を発表

バイナンス USのCEOが辞任を発表

バイナンス US(Binance US )のCEOであるBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏が辞任したことを8月6日にツイートで発表した。

そのツイートで、ブライアン・ブルックス氏は「戦略的方向性の違いはありますが、元同僚たちの成功を願っています。 今後はエキサイティングで新しいことが待っていますから」と説明している。

ブライアン・ブルックス氏は今年の5月1日にCEOに就任したばかりだった。

そしてバイナンスのCEOであるCZ氏は、ブライアン・ブルックス氏が辞任したことについて 、「ブライアン・ブルックスはBinance USのCEOを辞任しました。

私はBinance USのビジネスと、顧客へのサービスと革新へのコミットメントに自信を持ち続けています。米国最大の暗号資産取引所の一つであるBinance USは、今後も成長を続け、金融の未来を後押しする態勢を整えています。

今回の辞任は、Binance USのお客様に何ら影響を与えるものではありません。Binance USは引き続きクラス最高の製品とサービスを提供していきます」とコメントしている。

参考:ブライアン・ブルックス
images:iStocks/Abscent84
デザイン:人本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行