コインベースへ集団訴訟提起、上場時提出資料に虚偽と指摘

コインベースへ集団訴訟提起、上場時提出資料に虚偽と指摘

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)とその一部の経営幹部に対して、集団訴訟が起こされたことが米法律事務所ロビンズ・ゲラー・ルドマン&ダウド(ROBBINS GELLER RUDMAN & DOWD LLP)のリリースによって7月23日明らかになった。

この集団訴訟はコインベースが1933年証券法に違反しているとして、カリフォルニア州北部地区で7月22日に提起されたとのこと。

原告の主張として、コインベースが上場時に提出していた資料が虚偽であり、かつ誤解を招く内容のものであったとしている。

また原告は、資料に記載すべきであった「コインベースは多額の資本注入を必要としていたこと」「コインベースのプラットフォームが不安定であり、多くのユーザーを獲得するにつれて、サービスの中断をするような不具合が起こりやすくなっていたこと」という点が省略されていたとしており、このことから「コインベースの事業、運営、将来見通しについての記述は重要な誤解を招くものであり、合理的な根拠に欠けていた」と主張をしている。

コインベースは4月のナスダック上場の際には「直接上場」にて新株を発行せず既に発行している株式だけを公開する形式をとっていたが、5月17日には同社が転換社債型新株予約権付社債の発行により、約12.5億ドル(約1,364億円)を調達する計画を明らかにした。その後フォーブスがこの矛盾を指摘した記事「コインベースの株価はなぜ下降傾向にあるのか?:Why is Coinbase Stock Trending Lower?」を出したことによってコインベースの株価は4%近く下落したという。

また原告はコインベースが5月19日にプラットフォーム上でネットワークの混雑による遅延を発生させており、これを受けコインベースの株価は6%近く下落したと指摘。投資家にさらなるダメージを与えたと説明している。

関連ニュース

コインベース、約1,364億円の新株予約権付転換社債の私募発行を発表 

コインベースがナスダックへ直接上場、一時時価総額は約12兆2,000万円に 

参考:ロビンズ・ゲラー・ルドマン&ダウド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/PhonlamaiPhoto

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定