米SEC委員長、証券担保のトークンは報告義務を要すると発言

米SEC委員長、証券担保のトークンは報告義務を要すると発言

米国証券委員会(SEC)委員長のゲイリー・ゲインスラー(Gary Gensler)氏が証券担保のいかなるトークもSECへ報告する義務を要する見解を7月21日に伝えた。ゲイリー・ゲンスラー氏が米国弁護士会で基調講演を行ったことで、明らかになった。

またこの発言はゲンスラー氏が米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長を務めていた時期に、ドッド・フランク法に基づく規大幅に見直されたセキュリティベース・スワップに焦点を当てて発言されたとのことだ。

ドッド・フランク法とは金融取引の規制を強化し、金融機関の肥大化を防止するために2008年に策定された法律だ。

ゲンスラー氏は基調講演にて次のように説明した。

「多くのプラットフォームが、暗号資産や有価証券の価値から価格を引き下げてデリバティブのように運用するその他の商品を提供する取り組みを行っています。

そして勘違いしてはいけないのは、それが株式トークンであろうと、証券に裏付けられた安定した価値を持つトークンであろうと、原証券への合成エクスポージャーを提供するその他の仮想製品であろうと、問題ではないということです。

これらのプラットフォームは、分散型金融であれ、中央集権型金融であれ、証券法の適用を受け、わが国の証券制度の中で機能しなければなりません」

参考:The Block
images:iStocks/taa22
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored