米SEC委員長、証券担保のトークンは報告義務を要すると発言

米SEC委員長、証券担保のトークンは報告義務を要すると発言

米国証券委員会(SEC)委員長のゲイリー・ゲインスラー(Gary Gensler)氏が証券担保のいかなるトークもSECへ報告する義務を要する見解を7月21日に伝えた。ゲイリー・ゲンスラー氏が米国弁護士会で基調講演を行ったことで、明らかになった。

またこの発言はゲンスラー氏が米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長を務めていた時期に、ドッド・フランク法に基づく規大幅に見直されたセキュリティベース・スワップに焦点を当てて発言されたとのことだ。

ドッド・フランク法とは金融取引の規制を強化し、金融機関の肥大化を防止するために2008年に策定された法律だ。

ゲンスラー氏は基調講演にて次のように説明した。

「多くのプラットフォームが、暗号資産や有価証券の価値から価格を引き下げてデリバティブのように運用するその他の商品を提供する取り組みを行っています。

そして勘違いしてはいけないのは、それが株式トークンであろうと、証券に裏付けられた安定した価値を持つトークンであろうと、原証券への合成エクスポージャーを提供するその他の仮想製品であろうと、問題ではないということです。

これらのプラットフォームは、分散型金融であれ、中央集権型金融であれ、証券法の適用を受け、わが国の証券制度の中で機能しなければなりません」

参考:The Block
images:iStocks/taa22
デザイン:設楽悠介

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。