米国務次官「IMFとエルサルバドルの融資協定締結」に期待

米国務次官「IMFとエルサルバドルの融資協定締結」に期待

米国の政治担当の国務次官のビクトリア・ヌーランド(Victoria Nuland)氏が、ビットコインを法定通貨としたエルサルバドル共和国に対し「国際通貨基金(IMF)が融資協定を完了することを期待する」と述べたと、ロイターが7月1日に報じた。

IMFは加盟国の為替政策の監視(サーベイランス)や、国際収支が著しく悪化した加盟国に対して融資を実施することなどを通じて国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、そして為替の安定などに寄与する国際機関だ。

ロイターによると現在エルサルバドルは10億ドル近い融資契約に向けてIMFと交渉中である。しかし先月6月にIMFのゲリー・ライス(Gerry Rice)報道官は記者会見にて「ビットコインを法定通貨として採用することは、非常に慎重な分析を必要とする多くのマクロ経済、金融、法律上の問題を引き起こします。私たちはこの動向を注視しており、当局との協議を続けます」と述べている。

ヌーランド政治担当次官は、現地視察の一環として水曜日にエルサルバドルのナイーブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領と会談していたとのことだ。

関連ニュース

エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念 

参考:ロイター
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Oleksii-Liskonih

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored