PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM

PayPalやセールスフォースらから約15億円調達、ブロックチェーンBIツールのTRM

エンタープライズ向けブロックチェーンツール提供の米TRM LabsがシリーズAラウンドにて約15億円(140万ドル)の資金調達を行なったことを6月16日に発表した。このシリーズAラウンドではBessemer Venture Partnersが主導し、PayPal Ventures、Initialized Capital、Jump Capital、Salesforce Ventures、Operator Partners、Blockchain Capital、およびGoogleの役員らが参加した。その他の既存の投資家にはY Combinator、Alumni Ventures Group、The MBA Fund、Tapas Capital、SGH Capitalなどがいる。

TRM Labsが提供するプラットフォームは、10数種類のブロックチェーンと統合しており、何十億もの暗号資産(仮想通貨)取引を分析して、不正やマネーロンダリングなどの金融犯罪の兆候をリアルタイムで検出している。世界的な暗号資産とブロックチェーン技術の普及に伴い、米国、ラテンアメリカ、アジア、ヨーロッパの大手銀行、証券会社、取引所などのグローバルな金融機関が、暗号資産のコンプライアンスとリスク管理のソリューションを求めてTRMを利用するようになっているようで、2020年にTRM Labsは600%の収益成長を達成し、従業員数も倍増したとのことだ。

TRM Labsの取締役に就任したBessemer Venture Partnersのパートナーであるイーサン・カーツワイル(Ethan Kurzweil)氏は「TRM Labsは、金融機関がデジタル時代の新しい金融システムに安全に移行するために決定的に重要な役割を果たす素晴らしい会社を作り上げています。またTRM Labsは、世界中の政府や規制当局がこの新しい金融システムを不正に利用しないようにするための強力なパートナーであり続けます」と述べている。

PayPal Venturesのマネージングパートナーであるピーター・サンボーン(Peter Sanborn)氏は「TRMのチームは、次世代のブロックチェーン・インテリジェンス・ソフトウェアを構築しました。TRM Labsは、金融サービスをより手頃で便利で安全なものにするために、暗号資産がその可能性を最大限に発揮するために必要な信頼層です。TRM Labsは、安全でアクセス可能な新しい金融システムを構築するための重要なインフラとして機能しています」とコメントしている。

TRM Labsの共同設立者兼CEOのエステバン・カスタニョ(Esteban Castaño)氏は「TRM Labsでは何十億人もの人々のためにより安全な金融システムを構築することを使命として、次世代のブロックチェーン・インテリジェンスツールを構築してきました。Bessemerのチームが私たちのシリーズAをリードし、そのミッションをサポートしてくれることに感激しています。このパートナーシップは、爆発的な成長を特徴とする業界において、TRM Labsが顧客への投資を続けるためにまさに必要なものです」と述べている。

編集部のコメント

TRM Labsのリリースでは「DeFiのスマートコントラクトでロックされたデジタル資産の価値は、1年間で6億7000万ドルから130億ドルへと18倍になりました。また関連するユーザーウォレットの数も10万から120万へと11倍に増えました」と暗号資産領域の急激な成長について説明している。

参考:TRM Labs
デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored