ユニセフ、ブロックチェーンスタートアップ3社へ30万ドル投資

ユニセフ、ブロックチェーンスタートアップ3社へ30万ドル投資

ユニセフ(UNICEF)の略称で知られる国際連合児童基金が運営するブロックチェーン領域特化のファンドであるユニセフ・イノベーション・ファンド(The UNICEF Innovation Fund)は、Leaf Global Fintech、Rumsan、Xcapitというブロックチェーン・スタートアップ3社に約3,300万円(30万ドル)以上を投資することを6月9日に発表した。投資額はLeaf Global Fintechが$48,900と20.6936ETH、Rumsanが$100,000、Xcaptiが43.7821ETHとなっている。

ルワンダのLeaf Global Fintechが提供するデジタルウォレットLeafは世界中の資源の乏しいコミュニティや排除されたグループに最新の金融サービスを提供して、金融包摂に取り組んでいる。Leafは個人の銀行取引履歴や制度的な金融リテラシー、パスポート、スマートフォンがなくても、人々が携帯電話に直接、お金を貯めたり、送ったり、受け取ったり、交換したり、支払ったりすることを支援している。

ネパールのRumsanはオープンソースでブロックチェーンベースのデジタル援助物資配給管理システムを開発・運営している。Rumsanの主な目標は、人道的援助の分配プロセスをシンプル、効率的、透明にすることで、脆弱なコミュニティを支援することとのことだ。

アルゼンチンのXcapitはブロックチェーンとAIを使い人々の金融リテラシーを高めるためのカリキュラムやソリューションを提供している。

ユニセフ・イノベーション・ファンドの目的は、特に金融包摂において人道的にプラスの影響を与えている新興市場のオープンソース技術のスタートアップに、初期段階の資金を提供することだ。また同ファンドはブロックチェーンの利点の一つは、仲介者を排除することで、最も弱い立場にある人々の資金を省力化できることと考えている。

ユニセフ・イノベーション・ファンドはこれまでにイーサリアム・ファンデーション、Huobi Charity、アニモカ・ブランズなどから寄付を受けている。ファンドのサイトにて確認すると、これまで8BTCと2267ETHを受け取っていることがわかる。

参考:ユニセフ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した